本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 広報・ファンドレイジングスタッフ(マネージャー候補)募集に関する説明会

講座・イベント

広報・ファンドレイジングスタッフ(マネージャー候補)募集に関する説明会 (11/28)

この度、難民支援協会(JAR)は、広報・ファンドレイジングに一緒に携わってくださるスタッフを募集しており、関心ある方を対象に、説明会を行います。
*本ポジションの募集詳細はこちら

グローバルな課題である「難民問題」。日本では多くの人にとって「難民」は身近な存在ではありませんが、すでに多くの難民がやってきて生活しているこの国において、実は難民問題は、「私たちの問題」です。JARではそのような考え方のもと、問題を知っていただく「広報」と、事業を多くの方々に資金的に支えていただく「ファンドレイジング」とを同じ部門で実施することで、この二つの業務を連携させています。

この問題を知っていただくための広報、およびファンドレイジングのいずれにおいても、目まぐるしく変化する国内外の状況とJARの支援現場を俯瞰することが求められます。大切にしていることは、「難民」を的確にわかりやすく伝えることと同時に、「難民」を一括りにせず、一人ひとりの姿を届けること。そこでいかにして人々の心を動かし、共感を生み出すことができるか。また、すでに多くの方々に支えていただいている寄付を、どのようにしてさらに拡大することができるか。私たちはこのような成果を目指し、団体内外の方々とも協働して、活動しています。

参加者の皆さんからのご質問をいただく時間ももうけています。
難民問題には必ずしも知識がなくとも、マーケティングの領域で経験がある方、歓迎です。企業からNGOへ転職は、ハードルがあるかもしれませんが、まずは気軽にいらしてください。もちろん、NGOからの転職者も歓迎です。
ご参加、お待ちしています。

当日お話しする内容
・JARが目指していること、解決しようとしていること
・スタッフのこれまでの経歴や退職後のキャリアについて
・マーケティングスタッフの仕事
・難民支援の現場の様子

当日お話しするスタッフ
・ディレクター・事務局長 吉山 昌
yoshiyama.jpg学生時代にアムネスティ・インターナショナル日本支部(大阪事務所)に勤務。そこで当時の職員等と共に難民支援協会設立に参画。その後、経営コンサルティング会社勤務の傍ら難民支援協会の理事職を続け、2011年6月より常勤職員となる。事務局次長を経て現職。 また難民支援協会の関連事業として、公益社団法人難民起業サポートファンド(「難民起業家」へのマイクロファイナンス機関)の立ち上げにも当初から関わり、現在は同社団代表理事をつとめる。

・広報部コーディネーター 田中 志穂
shiho.jpg一般企業(食品メーカー)勤務を経て、大学院にて社会学修士修了(移民研究に従事)。大学院在籍中にフィリピン移住女性を支援するNGO活動に関わり、2010年8月より現職。認知啓発・ファンドレイジングを担当。難民の故郷の家庭料理を集めたレシピ本「海を渡った故郷の味」の出版や、写真家との共同企画として「日本に暮らす難民28人のポートレート写真展」などを手掛ける。


・田多晋 支援事業部
tada.jpgロースクール卒業後、難民支援協会法的支援スタッフに。事務所での難民へのカウンセリング、申請手続きのためのアドバイス等を行っている。弁護士との連携強化として、外資系弁護士事務所を巻き込んだプロボノプロジェクトも担当している。

概要
日時2017年11月28日(火)19:00~21:00
場所

難民支援協会 事務所 四谷駅から徒歩3分
東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階

参加費

無料

お申し込み

こちらからお申込みください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷