本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 《石川登壇》グローバル化する難民問題-イスラーム教徒の視点から考える-

講座・イベント

《石川登壇》グローバル化する難民問題-イスラーム教徒の視点から考える- (11/10)

2017年11月10日(金)の「グローバル化する難民問題-イスラーム教徒の視点から考える-」に、難民支援協会(JAR)代表理事・石川えりが登壇します。

イスラーム教徒(ムスリム)が多く暮らす地域で難民問題が多く発生しています。ムスリムの人々はどのように難民問題をとらえ、どのような支援活動をしているのかなど、ムスリム自身の価値観や行動を通して考えます。
イスラーム地域研究、難民支援に特化したNGO、そして実際に海外で支援を継続しているムスリムの観点から、難民問題について考える講座になっています。

講義スケジュール

  • 第1回 11月10日(金) 石川 えり 「難民問題の現状-中東を中心に-」
  • 第2回 11月17日(金) 子島 進 「支援に従事するイスラーム教徒の価値観」
  • 第3回 11月24日(金) クレイシ・ハルーン 「大塚モスクによる海外難民支援」


概要
日時11月10日(金)~11月24日(金) 毎週金曜日:18時15分~19時45分(90分)
場所

東洋大学 白山キャンパス

参加費

一般 :¥4,860 (全3回分)
東洋大学生:¥1,620 (全3回分)

定員40名
お申し込み

お申込みはこちら

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。