本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 映画『ソニータ』特別試写会+トークショー

講座・イベント

映画『ソニータ』特別試写会+トークショー

ソニータの夢は有名なラッパーになること。しかし、アフガニスタンのタリバンからイランに逃れた難民の彼女はパスポートも滞在許可証もない。そもそもイランでは女性が歌うことは許されない。立ちはだかるいくつもの逆境に果敢に抵抗し、道を切り拓いていく彼女の姿を追ったドキュメンタリー映画の特別試写会(抽選50名様)を開催します。上映後には「女性と難民」をテーマにトークセッションもご用意しています。皆さまのご応募お待ちしています!

▼日本劇場公開のためのクラウドファンディングを応援しています
夢をあきらめずに、追いかけ、そして現実を動かしていくソニータの姿を日本にも届け、同じように夢を実現しようと頑張っている人たちの後押しがしたいと、ユナイテッドピープル社が劇場公開に向けたクラウドファンディングに挑戦中です。

タイムテーブル

18:00 イベント開始
18:15 映画ソニータ上映(91分)+休憩
19:55 トークセッション
20:30 終了

映画について

<<サンダンス映画祭2016グランプリ&観客賞ダブル受賞作>>
わたしの値段は9,000ドル-結婚を強いられる少女の夢はラッパーになること
監督をも巻き込み、運命を変えていくソニータの姿に世界中が感動したドキュメンタリー。

ソニータの夢は有名なラッパーになること。しかし、アフガニスタンのタリバンからイランに逃れた難民の彼女はパスポートも滞在許可証もない。そもそもイランでは女性が歌うことは許されない。いまの彼女のファンはイランの首都テヘランの子ども保護施設の子どもたちだけ。彼女もまた、この施設で心の傷を癒やすためのカウンセリングや将来のアドバイスを受けている。
さらに、アフガニスタンに残る親は全く別の将来を準備していた。16歳になったソニータを、古くからの習慣どおりに見ず知らずの男性に嫁がせようとするのだ。花嫁の値段は9,000ドル。兄の結婚資金を作るためだ。夢を追いかけたいソニータに結婚する気はない。しかし、家族との関係も失いたくない。そんなジレンマを抱えながらも女性が歌うことが許されないイランで、ソニータはどうしたらラッパーになる夢を叶えることが出来るのだろうか?ロクサレ・ガエム・マガミ監督は、取材対象の人生に関与すべきかどうか悩みながらも、同じ女性としてこの問に答えるようにソニータの夢と人生に深く関わることとなる。ラップのビデオクリップを製作すると、運命を変える出来事が起きる。果たしてソニータは人生を変えるチャンスをものにする事ができるのか?
                          (オフィシャルサイトより)

トークセッション「女性と難民」

日本にもさまざまな迫害から逃れてきている女性たちがいます。難民支援協会(JAR)には年間73カ国から約700人の難民が相談に訪れますが、女性はそのうち24%。特徴的なのは、ソニータのように強制結婚をはじめ、名誉殺人、女性性器切除など「女性である」がゆえに受けた迫害から逃れてくる人が多いことです。こうした重大な犯罪や人権侵害を取り締まる意思・能力がない国は少なくありません。JARには「求婚を拒んで殺害の脅迫を受けたが、警察には取り合ってもらえなかった」「身を守るには国外へ脱出せざるを得なかった」といった声が日々寄せられています。来日してからも、母国からの所持金が尽きればホームレスになってしまうなど、脆弱な立場に置かれます。「サバイバルセックス」を余儀なくされ、望まない妊娠をする人もいます。実際に出会った女性たちの事例をもとに、女性の難民にとくに付随しがちな問題をお伝えします。

概要
日時2017年9月29日(金)18:00~20:30 *プレミアムフライデー
場所

スマートニュース株式会社 2Fイベントスペース
東京都渋谷区神宮前6-25-16 いちご神宮前ビル

参加費

無料(抽選)

締切

応募期間 9月5日(火)~9月19日(火)
※ご応募はおひとり様1回までとさせていただきます。
※9/22(金)までにメールで当選者を発表させていただきます。

言語

映画中の言語は英語ではなく、字幕は日本語です。トークセッションも日本語で行うため、今回のイベントは日本語話者が対象になります。

お申し込み

※申込は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷