本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 《スタッフ登壇》戯曲『ハンナとハンナ』リーディング上演と難民をめぐるディスカッション

講座・イベント

《スタッフ登壇》戯曲『ハンナとハンナ』リーディング上演と難民をめぐるディスカッション

2017年7月11日(火)イギリスの劇作家ジョン・レタラックによる戯曲「ハンナとハンナ」のリーディング公演が行われます。舞台は1999年のイングランドの港町・マーゲート。コソボ出身の16歳の難民「ハンナ」とマーゲート出身で同じく16歳の「ハンナ」の交流を描いた作品です。上演後のディスカッションセッションには、難民支援協会(JAR)広報部の田中が登壇します。マーゲートでの物語は遠く離れた土地の過去の出来事ではなく、約2万の難民の方が暮らす日本の姿とも重なります。公演を楽しみ、共に考える機会になると思いますので奮ってご参加ください。

概要
日時2017年7月11日(火) 18:00~21:00(開場17:30~)
場所

政策研究大学院大学1階(六本木)・想海樓ホール

参加費

資料代として1,000円

主催 公益社団法人 国際演劇協会(ITI)日本センター
国立大学法人 政策研究大学院大学(GRIPS)
お申し込み

参加ご希望の方は、メールにて事前にお申し込み下さい
iti.hannahandhanna@gmail.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷