本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 《スタッフ登壇》映画「女を修理する男」上映会+トークショー

講座・イベント

《スタッフ登壇》映画「女を修理する男」上映会+トークショー


凄惨な性暴力が蔓延しているコンゴ民主共和国。もし、私たちの携帯電話がそれに加担しているとしたら...?
コンゴ民主共和国には、携帯電話などの製造に欠かせない希少金属が豊富にあります。それらを資金源とする武装勢力は、鉱山周辺の地域を支配するため、女性に激しい性暴力を加え、住民を恐怖に陥れ、強制移住させているといいます。自らの命を狙われながらも、被害者を無償で治療し続けているムクウェゲ医師のドキュメンタリー映画「女を修理する男」上映会+トークショーを開催します。

トークショーのテーマは「私たちは私たちの(無)関心とどう付き合うか」。ムクウェゲ医師の来日時にブログが大きな反響を呼んだ望月優大氏と渡部清花氏とともに、JARからは広報部の野津が登壇します。現時点では日本で最後の上映イベントです。

スケジュール詳細

18:30 開場
19:00 イベント開始
19:15 映画「女を修理する男」上映(113分)
21:15 トークセッション(望月優大 / 渡部清花 / 野津美由紀 )
22:00 終了

概要
日時2017/02/02 (木) 19:00 - 22:00
場所

スマートニュース株式会社
東京都渋谷区神宮前6-25-16いちごビル2階

参加費

一般 ¥1,000
大学生・高校生 ¥500
中学生以下 無料
*収益は難民支援協会とWELgee(渡部清花氏の主催団体)に折半で寄付されます。

お申し込み

※満席となり、受付を締め切りました。

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。