本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ「各国比較で考える日本の難民保護」

講座・イベント

Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ「各国比較で考える日本の難民保護」

20130628JAR_006_edit2-01.jpg
*7月20日の会は定員に達したため、申し込みを締め切りました。 次回は8月19日(金)に開催します。
Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ−では、毎月テーマを変えて、日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を様々な角度からご紹介し、参加者の方々と「今できること」を考えます。

7月のテーマは「各国比較で考える日本の難民保護」です。紛争や人権侵害を背景に、世界的に急増する難民を保護するためには、国際的な協力が欠かせません。JARは米国やアジア各国のNGOと連携し、それぞれの経験からの学びや模範的な取り組みを共有し、よりよい難民受け入れを目指しています。アメリカ、香港、韓国など他国の事例を見ながら、難民受け入れを考えます。
アメリカ出身で、香港においても難民支援の経験を持つ渉外担当ディレクターのブライアン・バーバーより、アメリカ、韓国など他国の状況をお話しします。各国比較を通じて、広い視点で日本の難民保護について考えたいと思います。
*今月のプレゼンテーションは英語で行います。通訳は入りませんので、ご注意ください。


Refugee Talk is a monthly event to know about refugees in Japan from various aspects. A theme of the month is "Reviewing Refugee Protection in Japan from a Comparison between Countries". Number of refugees are rapidly increasing worldwide, and international cooperation is inevitable for protection. JAR cooperates with NGO in the United States, and Asian countries to share experience and good practices in order to improve the protection system. We will look at situation of other countries such as U.S.and Korea to review refugee protection in Japan.

A speaker of the month is Brian Barbour. He is from the U.S. and is currently serving as a director of external relations at the JAR. He also has experience working for refugees in Hong Kong. Please join us for reviewing refugee protection from an expanded perspective.Presentation at this time will be made in English.


今月のスピーカー:ブライアン・バーバー

Brian.jpg難民支援協会(JAR)渉外担当ディレクター。ニューヨーク州弁護士。法学博士をブルックリン法律大学院で取得。ブルックリン法律大学院で人権と難民法を中心に勉強し、来日前は、香港難民アドバイス・ センター(HKRAC)でExecutive Directorとして勤務した。難民法を勉強する前に、新潟とカトマンズで教育に携わり、国際連合食糧農業機構(FAO)では大々的な教育キャンペーン活動の運営を経験。現在、JARの渉外担当ディレクターとして勤務している。アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)リーガルエイドとアドボカシー分科会議長。

Speaker of the month: Brian Barbour
He is currently serving as a director of external relations at the JAR, and is serving as the Chair of the Legal Aid and Advocacy Working Group of the Asia Pacific Refugee Rights Network. Brian is admitted to the New York Bar as an attorney and counselor-at-law. He received his Juris Doctor degree from Brooklyn Law School where he focused on international human rights and refugee law and policy. Brian has worked on refugee and education related projects with schools, NGOs and UN Organizations in Japan, Nepal, Italy, and Hong Kong. 


概要
Date & Time2016年7月20日(水)19:00-21:00
July 20th(WED) 7pm-9pm
Venue

Eiji Press Lab(英治出版株式会社内
JR恵比寿駅西口より徒歩5分 
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F
Eiji Press Lab (Inside the Eiji Press Inc.)
5 min walk from the JR line Ebisu station.
5F, 1-9-12 Ebisuminami, Shibuya-ku, Tokyo
MAP:http://www.eijipress.co.jp/lab/access.php

Fee

2,000円
(*収益はすべて難民支援活動に活用させていただきます)
2,000 yen
*Revenue will be used to support refugees

Capacity25人
Organizer認定NPO法人難民支援協会/Japan Assoication for Refugees
お申し込み

*定員に達したため、申し込みを締め切りました。 次回は8月19日(金)に開催します。

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。