本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ「自立に向けた就労支援」

講座・イベント

Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ「自立に向けた就労支援」

20130628JAR_006_edit2-01.jpg
*5月20日の会は定員に達したため、申し込みを締め切りました。 次回は6月18日(土)に世界難民の日特別版を開催します。詳細はこちら
Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ−では、毎月テーマを変えて、日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を様々な角度からご紹介し、参加者の方々と「今できること」を考えます。


5月のテーマは就労支援です。 JARでは、日本に逃れてきた難民が自立して生活できるよう、就労に向けた支援にも取り組んでいます。就労意欲が高くても、日本で仕事を見つけ、継続するには多くの困難があります。企業とのマッチングや日本で働くためのトレーニングを通じて、安心・安全に働き続けられるよう支援しています。
就労支援を担当する寺畑より、日本に逃れてきた難民が置かれている状況や、自立した生活を切り拓く上での課題をお話しします。

terahata.jpg

今月のスピーカー 寺畑文絵(定住支援部 就労支援担当)

米国の大学卒業後(国際研究学・ソーシャルワーク)、航空会社勤務を経て、2009年から2015年までインドにて不動産業に従事。その間、ストリートチルドレンや働く児童のためのNGOにボランティアで関わる。2015年11月より現職。就職を目指す難民へのカウンセリングや就労前トレーニング、企業とのマッチングを行うジョブフェア運営等を担当している。


概要
日時2016年5月20日(金)19:00-21:00
場所

Eiji Press Lab(英治出版株式会社内
JR恵比寿駅西口より徒歩5分 
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F

参加費

2,000円
(*収益はすべて難民支援活動に活用させていただきます)

定員25人
主催認定NPO法人難民支援協会/Japan Assoication for Refugees
お申し込み

*5月20日の会は定員に達したため、申し込みを締め切りました。 次回は6月18日(土)に世界難民の日特別版を開催します。詳細はこちら

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。