本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 難民研究フォーラム公開シンポジウム『シリア難民から考える日本の補完的保護』

講座・イベント

難民研究フォーラム公開シンポジウム『シリア難民から考える日本の補完的保護』

国際法上「難民」と認められていないものの、無国籍や人身取引、内戦などを理由として国籍国への帰還が困難な人々を保護しようとするものに、「補完的保 護」と呼ばれるものがあり、世界各国でその枠組みが作られています。
それでは、例えば昨今の緊急課題である「シリア難民」は、「補完的保護」制度の構築により、必要な支援や保護を受けられるようになるのでしょうか。本年のシンポジウムでは、こうした疑問をふまえた上で、「補完的保護」が日本でどのような役割を 果たしうるかについて、日本でのシリア難民の実情を紹介しながら研究者と実務者双方を交えて議論します。

また、難民研究フォーラムの活動を知っていただくために第一部として「公開研究会」を開催し、共催事業である「若手難民研究者奨励賞」の授賞式と研究者による研究報告を行います。

※本シンポジウムは、難民支援協会に事務局を置く「難民研究フォーラム」の主催する公開シンポジウムです。

プログラム構成

12:30-13:00 開場・シンポジウム受付

第一部:難民研究フォーラム公開研究会
13:00-13:30 第3回若手難民研究者奨励賞授賞式(主催:真如育英会・真如苑)
         真如苑社会交流部挨拶
         奨励生の研究概要発表
13:30-13:50 研究報告 
         - 渡戸一郎(明星大学)

第二部:公開シンポジウム『シリア難民保護から考える日本の補完的保護』
14:00-14:10 開会挨拶
         - 『上智大学グローバル・コンサーン研究所』
14:10-14:35 「国際法の立場からの補完的保護」
     - 山本哲史(神奈川大学)
14:35-15:00 「日本のシリア難民の受入れ可能性と障壁」
     - 浦城知子(弁護士、シリア難民弁護団)
15:00-15:25 「シリア難民支援の課題」
     - 石川えり(認定NPO法人 難民支援協会)
15:25-15:35 休憩
15:35-15:50 コメンテーターからの問題提起
     - 阿部浩己(神奈川大学)
15:50-17:00 パネルディスカッション(質疑応答を含む)
     モデレーター:藤本俊明(神奈川大学)
    -17:00 閉会挨拶
        - 『難民研究フォーラム』

概要
日時2015年7月4日(土)13時~17時
場所

上智大学四谷キャンパス図書館9階L-921教室

参加費

無料

主催難民研究フォーラム
共催

上智大学グローバル・コンサーン研究所

後援

真如苑

お申し込み

こちらのウェブサイトよりお申込みください。


この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。