本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 《スタッフ登壇》日本の難民支援の今~シリアから考える~

講座・イベント

《スタッフ登壇》日本の難民支援の今~シリアから考える~

アムネスティ・インターナショナル日本によるイベント「日本の難民支援の今~シリアから考える~」に難民支援協会(JAR)支援事業部コーディネーターの田多晋が登壇します。ご関心のある方は、下記よりアムネスティ・インターナショナル日本へ直接お申込みください。

日本の難民支援の今~シリアから考える~

実際に難民を「受け入れる」とはどういうことでしょうか?現場の話を聞いてみませんか?

日本にやってきて難民申請をしているシリア人は、2014年11月末の時点で61人です。そのうち、難民認定を受けたのはたったの3人。シリア難民だけでなく、日本では難民認定数がとても少ないと言われています。

シリア難民を受け入れるため、世界各国でさまざまな取り組みが始められています。難民認定を多く出すようにした国や、留学生の受け入れをはじめた国もあります。

日本での受け入れはどうなっているのか、シリア人の難民認定の現状や、家族の呼び寄せにかかわる問題など、日々現場で活動している難民支援協会の田多晋さんにお話しいただきます。

また、難民支援は法的な支援や生活のサポートだけでなく、政策提言も必要となります。日本で難民支援をする団体のネットワーク組織「なんみんフォーラム」は、いろいろな活動を行う15団体が集まっています。ネットワークを活かした日本の難民支援の今の話を、なんみんフォーラムの石川美絵子さんから伺います。

ゲスト

田多晋さん(認定NPO法人 難民支援協会(JAR) 支援事業部)
石川美絵子さん(特定非営利活動法人 なんみんフォーラム(FRJ) 理事)
概要
日時2015年5月30日(土)16:00~18:00
場所

アムネスティ・インターナショナル日本 東京事務所

参加費

無料

お申込み

アムネスティ・インターナショナル日本のウェブサイトよりお申込みください。
こちらから

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。