本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk -難民を学ぶ夕べ- コミュニティ支援の現場から

講座・イベント

Refugee Talk -難民を学ぶ夕べ- コミュニティ支援の現場から

*2月20日の会は定員に達したため、申し込みを締め切りました。
 次回は3月20日を予定しております。詳細が決まりましたら、ウェブサイトに掲載いたします。
 ご案内を希望の場合は、info@refugee.or.jpまでお名前とご連絡先をお知らせください。

jar4.jpgPhoto by Antony Tran

Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ−では、毎月テーマを変えて、
日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を様々な角度からご紹介し、
参加者と「今できること」を考えます。

次回のRefugee Talkは、難民コミュニティへの支援についてお話しします。

トルコから多く逃れてきているクルド民族など、同じ国籍や民族でコミュニティを形成し、
法律面でも生活面でも不安定な状況の中、支えあいながら生活する難民もいます。
難民が地域社会のなかでつながりを持ち、支え合って生きていける関係性を築けるよう、
JARではコミュニティに出向いた支援も行っています。

コミュニティ支援担当の鶴木より、コミュニティの状況や課題をお話しします。
難民コミュニティでの災害対応の取り組みや、医療につなげる取り組みについても紹介します。

後半では、軽食を囲みながら、スタッフや参加者同士で交流を深める懇親会もあります。
難民に関する話を聞くのは初めてという方も、
難民支援の活動について詳しく知りたいという方も、ぜひ、お気軽にお越しください。

今月のスピーカー 鶴木 由美子(定住支援部・コミュニティ支援担当)

tsuruki1.jpg慶應義塾大学教育学専攻、カリフォルニア州立大学大学院ノースリッジ校にて異文化コミュニケーション学修士課程修了。移民の子どもたちの教育的・経済的支援をする団体でのインターンなども経験。児童福祉業界の人材支援・経営支援を行うソーシャルベンチャーでの勤務を経て、現職。

概要
日時2月20日(金) 19:00〜21:00
場所

ソーシャルビジネスラボ
(東京都中央区日本橋蛎殻町)
半蔵門線「水天宮前駅」より徒歩3分、日比谷線「人形町駅」より徒歩7分
*非公開スペースのため、住所と地図はお申込いただいた方にメールでご案内します

参加費

2,000円
*収益は、難民支援協会の活動に活用させていただきます

定員定員に達したため、申し込みを締め切りました。次回は3月20日を予定しております。
主催認定NPO法人 難民支援協会
お申込

こちらのフォームよりお申し込みください。

お問合せ

難民支援協会(野津)
Tel: 03-5379-6001
E-mail: info@refugee.or.jp

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。