本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 難民アシスタント養成講座(31期)

講座・イベント

難民アシスタント養成講座(31期)

*定員に達しましたので、募集を締め切りました。次回の開催は7月頃を予定しております。

「難民」について一緒に考えてみませんか?

「難民」というと、遠いアフリカや中東、アジアの難民キャンプにいる人たちを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ここ日本にも近年では、毎年多くの人が難民として逃れて来ています。2013年に日本で難民申請した人の数は3,260人。2014年は4,500人を超えました。 そのような中、難民保護という観点からの制度の課題に加え、難民が社会の一員として暮らしていけるような受け入れのあり方や地域づくりなど、市民一人ひとりが考え、担うべき役割は大きくなっています。

多様な講師陣

難民支援の第一線で活動する難民支援協会(JAR)スタッフ、UNHCR職員、弁護士など。
難民自身による体験談を聞く時間もあります。 詳細はこちら
(講師は一部変更の可能性があります。ご了承ください)

こんな方々が参加しています

学生から、社会人、リタイアされた方まで年齢層も幅広いです。 関東圏だけではなく、全国各地から参加されています。

(前回の参加者内訳)
大学生・大学院生 25%   社会人・シニア 75%
首都圏在住の方が中心ですが、北海道、高知県、岡山県からの参加もありました。

参加の動機も、最近TVで日本の難民のことを見て気になった、授業で知り、さらに深く勉強したいと思った、
仕事で難民の人と関わることが増えて、基礎知識を身に着けたいと思ったなど様々です。
同じように難民に関心のある方とも知り合える良い機会です。

講座で学べること−3本の柱

ashi151p1.png

おすすめポイント!

  • 現場の第一線で活躍している講師陣から、具体的な実務の内容が聞ける。
  • 難民自身から直接話が聞ける。
  • 難民支援に必要な基礎知識を網羅できる。
  • 難民支援に関する多くの参考資料が手に入る。
  • 難民支援に関心がある仲間に出会える。


プログラム内容(一部変更の可能性があります)

    1. イントロダクション
    • 田中志穂/JAR 広報部
    • アシ養151JAR田中.JPG一般企業(食品メーカー)勤務を経て、大学院にて社会学修士修了(移民研究に従事)。大学院在籍中にフィリピン移住女性を支援するNGO活動に関わり、2010年8月より現職。認知啓発・資金調達を担当する傍ら、東日本大震災後は被災地の外国籍住民への就労支援事業担当。

    2. UNHCRの活動と役割
    • 佐藤滋之氏/UNHCRスーダン事務所職員
    • 茨城県出身。東京学芸大学教育学部を卒業後、インド国立デリー大学への留学を経て、ブリストル大学大学院修了。1997年から国際赤十字赤新月社連盟で自然災害救援活動を中心に8ヶ国で働く。2002年にJPOとしてUNHCRに加わり、以来ケニア・リベリア・パキスタン・フィリピン・タンザニア・スーダンで勤務。主に難民・国内避難民保護と第三国定住を担当する。

    3. 国際的な難民保護基準と日本の難民保護制度
    • 宮内博史氏/弁護士
    • 宮内.JPG弁護士。弁護士法人東京パブリック法律事務所 外国人・国際部門にて勤務。その他、日本弁護士連合会人権擁護委員会難民認定問題特別部会、東京弁護士会外国人の権利に関する委員会、全国難民弁護団連絡会議、認定NPO法人難民支援協会、国際人権法学会、Asia Pacific Refugee Rights Network (APRRN)などに所属

    4. 日本での難民支援の現状-生活支援の実務
    • 古藤吾郎/JAR 支援事業部
    • ashi1501JAR古藤.JPGJAR支援事業部にて生活支援を担当。難民への個別カウンセリング、日本で孤立しがちな難民同士が自由に語り合うグループワークをおこなっている。また、地域社会と難民をつなげるためのネットワーキングやアドボカシー活動、難民のためのサバイバルハンドブックやリプロダクティブ・ヘルスなどの情報提供ツールの企画・制作に従事する。

    5. 日本での難民支援の現状-法的支援の実務
    • 田多晋/JAR 支援事業部
    • アシ養151JAR田多.jpgJAR支援事業部にて法的支援を担当。中央大学法科大学院修了。ロースクール卒業後、JAR法的支援スタッフに。事務所での難民へのカウンセリング、申請手続きのためのアドバイス等を行っている。茨城県牛久市にある収容所にも月1回通い、収容されている難民と面会している。弁護士との連携強化として、外資系弁護士事務所を巻き込んだプロボノプロジェクトも担当している。

    6. 難民の社会統合を考える
    • 吉山昌/JAR 事務局次長
    • アシ養151JAR吉山.JPG学生時代にアムネスティ・インターナショナル日本支部(大阪事務所)に勤務した際に、当時の職員等と共にJAR設立に参画。その後、経営コンサルティング会社勤務の傍らJARの理事職を続け、2011年6月より常勤職員としての勤務を開始。定住支援、広報部などを担当している。またJARの関連事業として、「難民起業家」へのマイクロファイナンス機関である公益財団法人難民起業サポートファンドにも立ち上げ当初からかかわっている。

    7. 難民の話
    • チョウチョウソー氏
    • ashi1501チョウチョウソーさん.jpgビルマ軍事政権の弾圧を逃れ、1991年に来日。レストランで働きながら、祖国の民主化を求める運動を続け、1998年にようやく難民認定を受ける。翌年、妻を呼び寄せ、2002年にビルマ料理レストラン「Ruby」(高田馬場)をオープン。NHKビルマ語放送のキャスターを務める傍ら、祖国の民主化を諦めることなく、日本で22年もの間活動を続けている。夫妻のこれまでの人生はドキュメンタリー映画「異国に生きる」で取り上げられた。

    8. 難民支援の展望
    • 石井宏明/JAR 常任理事・一橋大学非常勤講師(NGO/NPO論)
    • アシ養151JAR石井.jpg会社勤務を経た後、アムネスティ・インターナショナル日本に勤務。難民申請手続き、入管・収容所への同行や面会、弁護士や他団体との協働支援などの実践を通じ国内難民支援に関わる。97年ピースウィンズ・ジャパンに就職。イラク・コソボ・シエラレオネなど、主に紛争地の現地事務所の代表を務める。99年にJARを立ち上げ、2006年にスタッフとして事務局に加わり、現在に至る。

     

    その他、ビデオの上映、座談会もあります。
    座談会では、関心を同じくする受講者同士のネットワーク作りの場となります。講師も参加します。

受講生の声

  • 難民についての知識はほぼゼロでしたが、2日間で様々なことが学べました。(2013年6月修了生)
  • 自分でアクションを起こすためのヒントや刺激に満ちていました。様々な関心を持つ人々と知り合えたのもよかったです(2014年6月修了生)。
  • 現場で実務に関わる講師陣からの話を聞き、民間や国が対立するのではなく、 連携することが大切だと実感しました。(2011 年 2 月修了生)
  • 他の参加者との議論を通じて、自分も難民支援のために何かしてみようと思いました。(2010 年 8 月修了生)
  • この講座受講がきっかけで、インターンをはじめました。 講座で、はじめて難民自身の声を聞き、「難民問題」が一気にリアルな身近なこととして見えてきました。(2008 年 5 月修了/元 JAR インターン)
概要
日時1月17・18日(土・日) 10:00-17:30
場所

明治大学リバティタワー(東京都千代田区神田駿河台1−1)
電車:御茶ノ水駅下車徒歩3分(JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線)

参加費

15,000円(学生10,000円)

定員80名
参加の条件

難民問題に関心のある方、2日間参加できる方
*2001年開講以来、学生、会社員、主婦、国連関係者など幅広い層からのご参加をいただいております。修了後は、インターン・ボランティアや留学をしたりと、活躍している方がたくさんいます。
参加の時点で、難民についてあまり知識がなくても、学びたいというお気持ちがあれば大丈夫です!
(予備知識がほしいという方は毎月開催しているRefugee Talkがおすすめです)

締切

2015年1月12日(月)

主催認定NPO法人難民支援協会
協力

国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
UNHCR.PNG

共催

国際協力人材育成プログラム(明治大学・立教大学・国際大学)

 印刷