本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ「自立に向けた就労支援」

講座・イベント

Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ「自立に向けた就労支援」

20130628JAR_006_edit2-01.jpg

Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ−では、毎月テーマを変えながら、日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を様々な角度からご紹介し、参加者の方々と「今できること」を考えます。

11月のテーマは就労支援です。

JARでは、難民の方が自立して生活ができるよう、就労に向けた支援にも取り組んでいます。難民の雇用に興味をもった企業との橋渡しに加え、昨年からは企業と協働しながら、日本で仕事を見つけ働いていくためのトレーニングも始めました。

就労支援を担当する吉山より、日本に逃れてきた難民が置かれている状況や、自立した生活を切り拓く上での課題、それに対するJARの取り組みを紹介します。

yoshiyama_web.jpg

今月のスピーカー 
吉山 昌(事務局次長、公益社団法人難民起業サポートファンド事務局長)

学生時代に難民問題への関わりをはじめる。難民支援協会の立ち上げメンバーの一人となり、1999年の設立以来現在まで同協会の理事も務める。大学卒業後、経営コンサルティング会社での勤務を経て、2011年6月から、難民支援協会へ事務局次長として入職し、現職。主に難民の就労支援やコミュニティ支援を行う定住支援事業および広報事業を担当。また、難民向けのマイクロファイナンス機関も設立し、2つの法人を通じて、日本での難民の活躍を目指している。

参加者の声

  • 実体験を聞くことができ、具体的なイメージを浮かべながら参加することができました。
  • 懇親会では、スタッフの方々や参加者の方々とお話できて、刺激になりました。
  • 今まで知らなかった難民の方の現状を知ることができ、とても感謝しています。
  • 今まで漠然としか難民について分かりませんでしたが、今は周りの人に教えたいという気持ちさえ出てきて、いい時間を過ごせたと思います。
概要
日時2014年11月20日(木)19:00-21:00
場所

インスタベース虎ノ門
東京都港区虎ノ門1-19-5 丁子屋ビル 6階
霞ケ関駅・虎ノ門駅から徒歩5分

参加費

2,000円
*収益はすべて難民支援活動に活用させていただきます

主催認定NPO法人 難民支援協会
お申込み

事前の申し込みは締め切りました。直接会場までお越しください。

お問い合わせ

070-5591-0222(難民支援協会 松本)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。