本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 公開シンポジウム「より人道的で多様な社会に向けて:日本・韓国・米国における難民の社会統合」

講座・イベント

公開シンポジウム「より人道的で多様な社会に向けて:日本・韓国・米国における難民の社会統合」

Please click here for English

CGPheader.png

より人道的で多様な社会に向けて:日本・韓国・米国における難民の社会統合」

本シンポジウムは、日米韓による難民の社会的統合に関するグッドプラクティス共有プロジェクトの一環として行われます。プロジェクトは、国際交流基金日米センターの助成を受けて実施されています。

世界中のどこよりも難民が多いアジア。しかし、難民の庇護や保護を積極的に行う国が非常に少ない地域でもあります。難民をめぐる状況を変えるには、日本と韓国がリーダーシップを発揮することが必須です。日本も韓国も、難民条約に批准し、庇護を提供している国です。また、日本はアジア地域で初めて、第三国定住プログラムを実施し、タイの難民キャンプに暮らすミャンマーからの難民の日本への再定住を支援しました。パイロットプログラムとして始まった再定住は現在も継続されています。韓国も自国への再定住プログラムを構築しており、これが実施されれば、アジアで二番目にこのようなプログラムを実施する国になります。

日米センターの助成を今年も得ることで、難民支援協会(JAR)は米国、韓国のパートナー団体と協力し、さらに交流を深めていきます。今回は日本と韓国の難民の社会統合に注目し、各国のグッドプラクティスを紹介しながら、アジア地域のモデルとなるような再定住プログラムを提案し、促進します。プロジェクトでは、グローバルな責任の共有に貢献し、米国、韓国、日本それぞれのステークホルダー(政府、地方自治体、NGOなど関係者)の協働が深まるような難民の保護や支援プログラムを作り出すことを目指します。

今回のシンポジウムでは、近年のシリアにおける人道危機に対する国際社会の対応について考えます。
特に今回教訓となった国際的に責任を共有することの重要性や、シリア難民や庇護申請者の各国における経験をご紹介します。その上で、今回のテーマである「雇用へのアクセス」について、3カ国における雇用慣習や求職の仕方などの社会的文脈を知り、その文脈に難民が統合していくことについて深く考えていきます。

様々な背景を持つ人を受け入れ、共に生きる人道的な多文化社会を作っていくこと、また難民の社会的統合に興味がある方など、広い視野から社会を考えていきたい皆様の多数の参加をお待ちしております。

プログラム

13:30  開場
14:00-14:10 開会の挨拶
14:10-15:30 第一部:シリアの人道的危機に対する国際的な対応からの教訓

  • 二村伸氏/NHK 解説主幹
  • ナオミ・スタインバーグ氏/RCUSA(Refugee Council USA)
  • イ・ホテク氏/pNan 代表
  • ファシリテーター:石井宏明/JAR 常任理事

15:30-15:45 休憩
15:45-17:15 第二部:雇用へのアクセス:日本・韓国・アメリカの社会的文脈

  • ティン・ウィン・アクバル氏/Study Group for Promoting Human Rights, Democracy & Tolerance in Burma
  • ジュリアン・ラミック氏/Nationalities Service Center
  • パク・ジンスク氏/EcoFemme Korea代表取締役社長
  • ファシリテーター:ブライアン・バーバー/JAR 統括室ディレクター

17:15-17:30 閉会のあいさつ(難民支援協会 事務局長石川えり)


Towards a More Human and Multi-Cultural Society:
Refugee Social Integration in Japan, Korea, and the United States.

This Symposium is a part of an ongoing Korea-US-Japan Good Practice Exchange on Refugee Social Integration. The project is funded by the Center for Global Partnership (CGP) of the Japan Foundation.

There are more refugees in Asia than in any other region of the world, and yet very few countries in the region are providing asylum or taking responsibility for their protection. In this context, leadership by Japan and Korea are critical. Both countries have signed the Refugee Convention and do provide asylum. Japan was the first country in Asia to develop a refugee resettlement program brining Burmese refugees from camps in Thailand to live in Japan. What began as a pilot has become an ongoing program. Korea is now planning to begin a new resettlement program to Korea, now only the second country in Asia to do so.

This year, with the ongoing support of CGP, the Japan Association for Refugees ("JAR") in collaboration with partners in the US and Korea, is moving forward to further deepen the exchange, focusing on identifying good practice and encouraging the development of programs in Japan and Korea for refugee social integration that will serve as a model for the rest of the Asian region. The goal is to develop stronger refugee protection and assistance programs that will contribute to international responsibility sharing and to facilitate deeper collaboration among stakeholders in the U.S., Korea and Japan.

This Symposium will look at the recent international response to the humanitarian emergency in Syria, for lessons learned about the importance of responsibility sharing, and to share experiences about Syrian refugees and asylum-seekers in each country. It will then look more deeply at a specific issue, "access to employment" and the social context of seeking employment and integrating into the employment context of each country.

All those interested in this conversation are welcome with a larger view to promote the development of a more humane and multi-cultural society that welcomes and supports integration.

Program

13:30-14:00 Registration

14:00-14:10 Opening Remarks

14:10-15:30 Panel 1:
Learning from the international response to the humanitarian emergency in Syria

  • Nimura Shin, Executive Commentator, NHK
  • Naomi Steinberg, RCUSA(Refugee Council USA)
  • Hotaeg Lee, Refuge Pnan
  • Facilitator: Hiroaki Ishii, JAR

15:30-15:45 Break

15:45-17:15 Panel 2:
Access to Employment: the social context in Japan, Korea, and the United States

  • Tin Win Akbar, Study Group for Promoting Human Rights, Democracy & Tolerance in Burma
  • Julianne Ramic, Nationalities Service Center
  • Jin Sook Park, CEO, EcoFemme Korea
  • Facilitator: Brian Barbour, JAR

17:15-17:30 Closing Remarks(Eri Ishikawa, JAR)

概要
日時2014年11月15日(土)14:00-17:30/Saturday, November 15, 2014 2:00pm - 5:30pm
場所

JICA市ヶ谷ビル2F 国際会議場
東京都新宿区市谷本村町10-5
地図はこちら

JICA International Conference Hall, JICA Ichigaya Building
10-5 Ichigaya, Honmuracho, Shinjuku

参加費

無料/Admission free

主催認定NPO法人難民支援協会/Japan Assoication for Refugees
お申込み/Registration

事前の申し込みは締め切りました。直接会場までお越しください。
The registration is closed. Please come to the venue directly.

当日連絡先/Contact

070-5591-0222

 印刷