本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 難民に対する法的支援トレーニング/Training in Refugee Legal Aid

講座・イベント

難民に対する法的支援トレーニング/Training in Refugee Legal Aid

legalaid_training_cover.jpg

Please click here for English

このトレーニングは弁護士(日本法、または外国法)、パラリーガル、NGO職員、そのほか難民申請者への法的支援に関心のある方々に参加していただけます。このトレーニングの大部分は日本語で行いますが、英語での同時通訳も手配する予定です。このトレーニングの席には限りがございます。JARの正式なパートナー法律事務所から参加される方、JARのプロボノ名簿に登録を希望されている方、また現在実際に難民に対して法的支援を行っている方を優先いたします。また、より多くの団体や法律事務所に参加をしていただきたいと考えておりますので、この点も考慮させていただきます。

講義内容

10:00-10:10 開会のあいさつ (難民支援協会事務局長 石川えり)
10:10-11:00 難民認定手続き(法務省)
11:00-11:50 出入国管理及び難民認定法と難民の定義(全国難民弁護団連絡会議 弁護士 難波 満)
12:00-12:50 ケース・スタディ (全国難民弁護団連絡会議 弁護士 難波 満)
14:00-14:30 口頭意見陳述・審尋への立会 (全国難民弁護団連絡会議 弁護士 難波 満)
14:30-15:00 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と日本における難民の状況
           (UNHCR駐日事務所 榛澤 祥子)
15:10-15:40 出身国情報調査  (難民支援協会 Elise Kirsten)
15:40-16:10 陳述書準備、通訳者との連携 (難民支援協会 Brian Barbour)
16:10-16:40 倫理問題とセンシティブなクライアントへの配慮 (難民支援協会 Brian Barbour)
16:40-17:00 閉会のあいさつ (難民支援協会)

受講修了者にはCLE クレジットが付与されます

※日本の難民受け入れに関する課題や、難民支援活動の内容全般に関しては、難民アシスタント養成講座にてご提供しています。

Training in Refugee Legal Aid

This training is open to lawyers (Japan and Foreign Qualified), paralegals, NGO staff, and other relevant parties interested in providing legal assistance to refugee clients. Most sessions will be in Japanese but simultaneous interpretation will be available. Space at the training is limited. Priority will be given to JAR's Law Firm Partners, those who intend to join JAR's pro bono roster, and those who currently provide advice and assistance to asylum-seekers. Consideration will also be given to organizational diversity. This training is being organized by the Japan Association for Refugees.

Training Agenda

10:00 - 10:10 Opening remarks
           (Secretary General Eri Ishikawa, Japan Association for Refugees)
10:10 - 11:00 Refugee Status Determination procedures in Japan
           (Ministry of Justice)
11:00 - 11:50 Refugee law and refugee definition
           (Attorney Mitsuru Namba, Japan Lawyers Network for Refugees, JLNR)
12:00 - 12:50 Case studies
           (Attorney Mitsuru Namba, JLNR)
14:00 - 14:30 Participating in RSD interviews
           (Attorney Mitsuru Namba, JLNR)
14:30 - 15:00 UNHCR and the refugee situation in Japan
           (Shoko Hanzawa, UNHCR)
15:10 - 15:40 Country of origin information research
           (Elise Kirsten, Japan Association for Refugees)
15:40 - 16:10 Taking testimony, working through an Interpreter
           (Brian Barbour, Japan Association for Refugees)
16:10 - 16:40 Ethics and client sensitivities
           (Brian Barbour, Japan Association for Refugees)
16:40 - 17:00 Closing remarks
           (Japan Association for Refugees)

CLE accreditation will be available to participants.

概要
日時2014年11月8日10時〜17時/November 8, 2014 10am-5pm
場所

モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所
Morrison&Foerster LLP Registered Associated Offices of Ito & Mitomi

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング29階
丸の内線 東京駅(直結) 地図はこちら

Shin Marunouchi Building, 29th floor, 5-1 Marunouchi 1-chome, Chiyodaku, Tokyo
Click here for the map

参加費

無料/Free

定員30名/Participation will be capped at 30.
お申込み/To Apply

こちらのフォームよりお申込みください。
Please fill the form here.

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。