本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > JAR15周年記念ダイアログ For Refugees, With Refugees -難民のために、難民と共に-

講座・イベント

JAR15周年記念ダイアログ
For Refugees, With Refugees -難民のために、難民と共に-

*イベントの報告はこちら

webcover.jpg

「支援」活動とはどうあるべきか-
多様性のある社会はどのような可能性があるのか-
社会を変えるために市民社会が果たす役割とは-

JARは15年間、日本の難民支援を通じて、これらの問いに向き合ってきました。

15周年記念の本イベントでは、様々なフィールドで活躍するスピーカーを招き、日本での難民支援を通じて得た視点や培った経験を参加者の方と共有しながら、今後の支援活動のあり方や未来の社会のビジョンについて考えます。

国内外で支援活動を展開するNGOスタッフ、企業のCSR担当者、研究者、弁護士、難民の方をスピーカーに
多様な角度から議論が展開される中で何が見えてくるでしょうか。

新しい社会に向けて何が求められるのか、探ってみませんか。

プログラム

第一部:「支援」活動とは?-支援活動の現状と課題を考える

「支援」活動の現場では、どのような課題があり、今後、どのようなあり方が求められるのでしょうか。国内外で支援活動に携わる方々を登壇者に迎え、様々な分野での支援活動の現状を紹介しながら、「支援」の課題とあり方を探ります。

登壇者(50音順):

  • 海老原 周子氏(新宿アートプロジェクト  代表)
  • 慶應義塾大学卒。IOM国際移住機関フィンランド事務所にてインターンとして難民の第三国定住事業に携わる。(独)国際交流基金に入社後、芸術文化交流を担当。文化と文化、言葉と言葉、国と国の間で育った経験から、新宿大久保にて移民や日本の若者と芸術家とのアートワークショップ事業を行う。アートを通じて多様性を楽しみ、人生の糧となる経験を作りたいと思い、(独)国際交流基金を退職。非営利団体新宿アートプロジェクトを立ち上げる。

  • 大関 輝一氏
    (みちのくふる里ネットワーク 代表理事/大船渡市市民活動支援センター 代表)
  • 大学時代、阪神淡路大震災での震災ボランティア活動を契機に震災ボランティア活動を続ける。 3.11 以後、岩手県大船渡市に拠点を張り、大船渡市を中心に沿岸被災地の災害支援にあたる。もやい生活相談員として生活困窮者の生活再建支援に携わった経験から「災害と貧困」の問題を提起。災害が貧困層を直撃することに加え、新たな貧困層を生み出し日本の貧困問題がすでに深刻化していることに警鐘を鳴らす。2012年から地元住民、大船渡市、NPO、資生堂などの企業と大船渡の市の花・椿の復興のまちつくり活動を始め、2013年に被災沿岸初の公設民営の大船渡市市民活動支援センターを創設。現在は被災した事業者と共に地域資源を使った6次産業化事業を進める。

  • 橋本 笙子氏(ADRA Japan 事業部長)
  • システムエンジニア、短大講師の傍ら、野外活動指導者として青少年育成活動に携わる。1988 年、ADRA の青年海外ボランティア活動に参加し、その後も仕事を続けながらボランティアとして海外プロジェクトに参加。1996 年にADRA Japan のスタッフとして広報を担当し、1999 年からは団体の運営・事業全般に関わる。現在は事業部長として、緊急救援事業、開発支援事業、国内事業全般を統括している。2児の母。

  • ファシリテーター:石井 宏明(難民支援協会 常任理事)
  • 一般企業退職後、米国モントレー国際大学院で1994年修士号(MA)取得。1995年アムネスティ・インターナショナル日本勤務を皮切りに、ピースウィンズ・ジャパン(1997-2006)、難民支援協会(2006-現在)でNGO職員として活動。国内外での難民支援、NPO 法人制度改革に尽力。現在、難民支援協会常任理事として、政策提言や被災地支援事業等に従事。一橋大学 国際・公共政策大学院 非常勤講師(NGO/NPO論)

第二部:市民社会と今後の社会の在り方を考える

社会の多様化に対して、市民社会はどのような役割を果たせるでしょうか。第二部では、長く企業の社会貢献を担当した方、LGBTなど性的マイノリティの方への支援に取り組む弁護士、難民・移民を専門とする研究者、当事者である日本に暮らす難民と、多様な立場の方を登壇者に迎えます。「他人事ではなく自分事」をキーワードに、登壇者ご自身の経験を伺いながら、一人ひとりが社会課題にどう取り組めるのか、市民社会が果たす役割やNGOとの連携の可能性について議論していきます。

登壇者(50音順): 

  • 明石 純一氏(筑波大学 准教授)
  • 筑波大学大学院国際政治経済学研究科修了。博士(国際政治経済学)。移民政策学会理事。著書に『入国管理政策:「1990年体制」の成立と展開』(ナカニシヤ出版)、編著に『移住労働と世界的経済危機』(明石書店)。大学では、政治学・公共政策学の観点から、国際人口移動と移民政策について講義。筑波大学社会貢献プロジェクト「定住外国籍児童に対する『職育』プログラム」代表。

  • 嶋田 実名子氏(公益財団法人 花王芸術・科学財団 常務理事)
  • 2000年より、花王株式会社の社会貢献分野の責任者として、活動理念と方針を策定。2004年より、社員の自発的な寄付組織を立ち上げ、途上国のNGOの活動や、自社の工場立地地区でのNPOの活動などにも社員寄付による支援を開始する。2003年より、公益財団法人花王芸術・科学財団の常務理事(兼)事務局長を兼務。2006年より、CSR/サステナビリティ推進部の責任者もつとめ、広くCSR活動全体の推進も担当する。2013年10月、花王株式会社を定年し、財団の業務を引き続き担当して、芸術文化部門と科学技術部門の助成活動や、市民のためのシンポジムなどを企画している。社外活動として、公益財団法人助成財団センター評議員、公益財団法人共用品推進機構評議員、東京国立博物館評議員会評議員等、社会貢献から文化活動まで広く携わる。

  • チョウチョウソー氏(ビルマ難民)
  • ビルマ軍事政権の弾圧を逃れ、1991年に来日。レストランで働きながら、祖国の民主化を求める運動を続け、1998年にようやく難民認定を受ける。翌年、妻を呼び寄せ、2002年にビルマ料理レストラン「Ruby」(高田馬場)をオープン。NHKビルマ語放送のキャスターを務める傍ら、祖国の民主化を諦めることなく、日本で22年もの間活動を続けている。夫妻のこれまでの人生はドキュメンタリー映画「異国に生きる」で取り上げられた。

  • 永野 靖氏(弁護士)
  • 東京弁護士会所属。商工組合中央金庫において中小企業融資に携わった後、弁護士を志し、2000年10月弁護士登録、東京南部法律事務所を経て、永野・山下法律事務所事務所設立。「町の弁護士」として日常的な法律問題の解決に取り組むとともに、労働事件、消費者事件、医療事件等様々な事件を幅広く手がけながら、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダー等性的マイノリティの相談に対応。2007年にLGBT支援法律家ネットワークを結成、活動の一環としてLGBTの難民の法律支援にも取り組んでいる。

  • ファシリテーター:石川 えり(難民支援協会 事務局長)
  • 上智大学法学部国際関係法学科卒業後、企業勤務を経て2001年より難民支援協会に職員となり、主に調査・政策提言の分野で国内外にて活動。難民問題にはルワンダにおける内戦を機に関心を深め、同協会には設立前よりボランティアとして関わった。2008年1月より現職。共著として、『支援者のための難民保護講座』(現代人文社、2006年10月)、『外国人法とローヤリング』(学陽書房、2005年4月)ほか多数。2児の母。


[閉会あいさつ]今後の難民支援協会の展開について

概要
日時2014年9月27日(土)14:00〜17:00 *終了後に懇親会を開催予定 (開場: 13:30)
場所

明治大学 駿河台キャンパス 1012教室(リバティタワー内1階)
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分
*アクセスはこちらをご覧ください

参加費

無料

定員100名
協賛
共催

国際協力人材育成プログラム(※明治大学・立教大学・国際大学)

お申込

事前のお申込は締め切りました。
当日参加もできますので、直接会場までお越しください。

お問い合わせ

Tel: 03-5379-6001 
Fax: 03-5379-6002 
当日連絡先:070-5591-0222
メール:info@refugee.or.jp(担当:松本)

 印刷