本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ-難民支援のこれまでとこれから

講座・イベント

Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ-難民支援のこれまでとこれから

20130628JAR_006_edit2-01.jpg

*9月の会は定員に達したたため、申込を締め切りました。次回は10月20日を予定しています。

Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ-では、毎月テーマを変えて、
日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を
様々な角度からご紹介し、参加者の方々と「今できること」を考えます。
後半には懇親会の時間をもち、参加者、スタッフで交流を深めます。

9月は、事務局長の石川えりが登壇します。

高校生のときに、ルワンダの虐殺をニュースで見て衝撃を受け、
難民支援に関心をもった石川。
難民支援協会(JAR)には設立より携わり、現在は、二児の母として、
子育てをしながら組織を引っ張っています。

長年、難民支援に携わってきた石川より、日本にいる難民が直面している問題、
これまでの活動の成果、これからのビジョンについてお話しします。

今回は土曜日の開催です。平日夜の参加が難しかったという方も、ぜひお越しください。

皆さまのご来場をお待ちしております。

今月のスピーカー:石川えり

ishikawa.jpg1976年東京都生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業後、企業勤務を経て2001年より難民支援協会の職員となり、主に調査・政策提言の分野で国内外にて活動を行ってきた。難民問題にはルワンダにおける内戦等を機に関心を深め、同協会には設立前よりボランティアとして関わった。2008年1月より現職。共著として、『支援者のための難民保護講座』(現代人文社、2006年10月)、『外国人法とローヤリング』(学陽書房、2005年4月)ほか多数。二児の母。

概要
日時2014年9月20日(土)14:00-16:00
場所

Eiji Press Lab(英治出版株式会社内)
JR恵比寿駅西口より徒歩5分 
東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル 5F

参加費

2,000円
*収益はすべて難民支援に活用させていただきます

定員30名
お申込み

定員に達したたため、締め切りました。
次回は10月20日を予定しています。

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。