本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ- 生活支援の現場から

講座・イベント

Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ- 生活支援の現場から

20130628JAR_006_edit2-01.jpg

*8月の会は定員に達したたため、申込を締め切りました。次回は9月20日を予定しています。詳細はこちら

Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ−では、毎月テーマを変えながら、
日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を様々な角度からご紹介し、
参加者の方々と「今できること」を考えます。

今回は、支援活動の現場でもあるJAR事務所にて、生活面の支援を紹介します。

JARの事務所には、毎日多くの難民の方が支援を求めて訪れています。
家がない、朝から何も食べていない、これからどうしていけばいいのかー
迫害から逃れた先の日本でも、難民の方は多くの困難に直面しています。

現場では、ソーシャルワーカーのスタッフが、一人ひとりの声に耳を傾け、寄り添いながら、
難民の方が日本で自立して生活していけるよう支援をしています。

難民の方が日本でどのような問題を抱えているのか、
ソーシャルワーカーがどのように支援をしているのか、
生活支援担当のスタッフ土岐よりご紹介します。

普段、難民の方々が相談を待つ待合スペースや相談室など、支援の現場もぜひご覧ください。

今月のスピーカー:土岐 茂里

toki.jpg支援事業部 生活支援担当
米国ウェスタン・ワシントン大学ヒューマンサービス学科卒。
米国シアトルの高齢者支援施設にてソーシャルワーカーとして勤務。
日本に帰国後、神戸大学大学院にて国際協力研究科修了。
在学中に、関西地域で難民支援に携わり、2013年7月より現職。

概要
日時2014年8月20日(水)19:00-21:00
場所

難民支援協会事務所
(JR、地下鉄南北線・丸の内線「四ツ谷」駅徒歩2分)
*地図はこちらをご覧ください。

参加費

2,000円
*イベントの収益は、難民支援活動に活用させていただきます

定員15名
お問い合わせ

電話:03-5379-6001
メール:info@refugee.or.jp
(担当:松本)

 印刷