本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ「体験型ワークショップ」

講座・イベント

Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ「体験型ワークショップ」

20130628JAR_006_edit2-01.jpg

Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ−では、毎月テーマを変えながら、
日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を様々な角度からご紹介し、
参加者の方々と「今できること」を考えます。

今回は、体験型ワークショップを通じて、日本に逃れてきた難民のことを考えます。

自分の国から逃れざるを得ず、遠く離れた日本まで逃れてきた「難民」。
しかし、「難民」と言っても、
実際にはその状況や気持ちを想像するのは簡単ではないかもしれません。

突然、母国を離れ逃げなくてはいけなくなったら何を持って行きますか?
言葉も知らない国に着いたらまず何をしますか?
行き先や持ち物など事前に十分に準備しにくい状況、
たどり着いた先の国で右も左も分からない不安さなどを、
ワークショップ形式で学びます。

後半では、実際に日本にいる難民が直面している課題や、
支援現場の様子などについてお話します。

皆さまのご来場をお待ちしております。

今月のスピーカー 田中志穂

Shiho.T.jpg
広報部チームリーダー。一般企業(食品メーカー)勤務を経て、大学院にて社会学修士修了(移民研究に従事)。大学院在籍中にフィリピン移住女性を支援するNGO活動に関わり、2010年8月より現職。認知啓発・資金調達を担当する傍ら、東日本大震災後は被災地の外国籍住民への就労支援事業も担当。 

概要
日時2014年7月17日(木)19:00-21:00
場所

ジョンソン・エンド・ジョンソン ダイアベティスインスティテュート
(住友不動産九段ビル15階)
東京都千代田区九段北1‑8‑10

九段下駅より徒歩3分、神保町駅より徒歩6分、水道橋駅より徒歩8分、飯田橋駅より徒歩7分
地図はこちら

参加費

2,000円
*イベントの収益は、難民支援活動に活用させていただきます

主催認定NPO法人 難民支援協会
お申込み

事前のお申込みなくご参加いただけます。
会場まで直接お越しください。

 印刷