本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 世界難民の日2014 FRJ公開シンポジウム「世界一の難民支援を目指して」

講座・イベント

世界難民の日2014 FRJ公開シンポジウム「世界一の難民支援を目指して」

世界中で紛争や迫害などで、故郷を追われている人々は、4520万人(2012年、UNHCR)にのぼります。日本での難民申請者は、2006年以降大幅に増加し、来日する難民の数は年々増加の一途をたどっています。2013年の難民申請者の数は3,260人、過去最多でした。しかし、認定数は6人に留まりました。6月20日は世界難民の日です。日本の難民をどう支えるのか、共に考えたいと思います。

プログラム

講演会(14:00〜16:00)

「セーフティネットからもれる難民たち」 NGOスタッフ:難民支援協会 事務局長 石川えり

「人間の尊厳からの難民支援」 司教:日本カトリック難民移住移動者委員会委員長 松浦 悟郎

「めざすは、世界一の難民支援」 弁護士:日弁連・人権擁護委員会 難民認定問題特別部会幹事 宮内博史

映画上映(16:00〜17:00)

「シリア、踏みにじられた人々と希望」

概要
日時2014年6月20日(金)14:00〜17:00
場所

ニコラ・バレ9F
(東京都千代田区六番町14-4、JR四ツ谷駅麹町口徒歩1分)

参加費

無料

主催なんみんフォーラム(FRJ)
協力

さぽうと21、イエズス会社会司牧センター、日本福音ルーテル社団(JELA)、日本国際社会事業団(ISSJ)、難民支援協会(JAR)、全国難民弁護団連絡会議(JLNR)、カトリック東京国際センター(CTIC)、アムネスティ・インターナショナル日本、RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)、難民・移住労働者問題キリスト教連絡会(CCRMW)、無国籍ネットワーク、難民自立支援ネットワーク(REN)、名古屋難民支援室(DAN)、上智大学 グローバル・コンサーン研究所、清泉女子大学 ボランティアセンター、鶴見大学 国際交流センター、早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)

後援

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、日本カトリック難民移住移動者委員会、カリタスジャパン

お申込み方法

こちらのウェブサイトよりお申込みください

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。