本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 3*3 LABO × 難民支援協会「難民×社会」のつながりの可能性を考えるセミナーシリーズ〜第1回:韓国の事例から考える〜

講座・イベント

3*3 LABO × 難民支援協会「難民×社会」のつながりの可能性を考えるセミナーシリーズ〜第1回:韓国の事例から考える〜

yombi_photo_edit.jpg世界的に有名な難民といえばアインシュタインですが、
今回登壇いただくヨンビさんは、韓国で一番有名な難民かもしれません。

ヨンビさんは、コンゴ国家秘密情報局(ANR)で勤務中、政権の秘密を知ったことから、投獄されました。
九死に一生を得て脱出し、命からがら逃れ着いた韓国で難民として保護され、現在は韓国の大学で人権について教鞭を取っています。

縁もゆかりもない土地で、ヨンビさんはどう生きてきたのか?今では流暢に韓国語を操る彼ですが、そこに至るまでの道のり、今後の展望についてお話いただきます。

韓国は、2011年12月、アジアで初となる画期的な難民保護の法律を成立させ、
大きな注目を浴びています。ある部分では大胆な政策により社会の変化を促してきた
韓国社会のユニークな側面から、日本は何を学べるでしょうか。
政府とも対話のパイプを持つ「難民活動家」であるヨンビさんと共に、
「多文化」「多様性」などをキーワードに、難民と社会、私たちのつながりを考えます。

*ヨンビさんの話には通訳が入ります

概要
日時2014年6月6日(金)19:00〜21:30(18:30開場)
場所

3×3 Labo
東京都千代田区丸の内3-2-3 富士ビル3F 338区
JR「有楽町駅」より徒歩2分
東京メトロ有楽町線「有楽町駅」、千代田線「二重橋前駅」、都営地下鉄三田線「日比谷駅」より徒歩1分
地図はこちら

参加費

2,000円(軽食、飲み物付き)

定員50名
お問い合わせ

3*3laboセミナー事務局
メールアドレス:sansan@ecozzeria.jp

お申込み方法

こちらのウェブサイトよりお申込みください。

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。