本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk-Protection of Refugees in Asia and Japan

講座・イベント

Refugee Talk-Protection of Refugees in Asia and Japan

20130628JAR_006_edit2-01.jpg


We prepare for various theme in this event and to introduce problems that refugees fled to Japan are facing, supporting activities that JAR has been engaged in from various angles and contemplate "What we can do right now".
We will have a get-together in the latter part of this event to familiarize between participants and staffs more and more.

A Theme in May is Protection of Refugees in Asia and Japan

The international co-operation is inevitable in an attempt to build a better protection of refugees, while number of refugees has been increasing due to quite a few international disputes etc.

JAR has been one of founding members of Asia-pacific Refugee Rights Network (APRRN) and making its best endeavor to intensify coalition of each NGO in each country.

When you shift your point of view from Japan to the Asia region, you see various issues and developments

What about the current status of refugee protection in the Asia region?
What are implications of Japan's refugee protection in comparison with other countries' protection systems?

Brian Barbour speaks about those issues.
He is currently director of external relations at JAR and also in charge of chair of sub-committee of legal aid and advocacy at APRRN.

Presentation at this time will be made in English.

Refugee Talk-難民を学ぶ夕べ-では、毎月テーマを変えながら、
日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を
様々な角度からご紹介し、参加者の方々と「今できること」を考えます。
後半には懇親会の時間をもち、参加者、スタッフで交流を深めます。

5月のテーマはアジアの難民保護と日本。

世界で起きている紛争など難民を生み出す国際的な情勢を背景に
難民が急増する中、よりよい難民保護のためには国際的な協力が欠かせません。
JARでは、アジア太平洋地域のNGOのネットワークである
「アジア太平洋難民保護ネットワーク(APRRN)」の創設メンバーとして、
各国のNGOとの連携強化に努めています。

日本からアジア地域に視点を広げると
異なる難民保護の制度の中で、様々な課題と発展が見えてきます。

アジア地域での難民保護の現状は?
他国との比較から見える、日本の難民保護の課題とは?

難民支援協会の渉外部部長で、
APRRNのリーガルエイドとアドボカシー分科会議長を務める
ブライアン・バーバーがお話しします。

*今回はプレゼンテーションは英語で行います。
通訳は入りませんので、ご注意ください。

A Speaker of this month: Brian Barbour

Brian.jpg

He is currently serving as Director of External Relations at the Japan Association for Refugees, and is serving as the Chair of the Legal Aid and Advocacy Working Group of the Asia Pacific Refugee Rights Network.  Brian is admitted to the New York Bar as an attorney and counselor-at-law.  He received his Juris Doctor degree from Brooklyn Law School where he focused on international human rights and refugee law and policy. Brian has worked on refugee and education related projects with schools, NGOs and UN Organizations in Japan, Nepal, Italy, and Hong Kong. 

今月のスピーカー:ブライアン・バーバー

難民支援協会(JAR)渉外部部長
ニューヨーク州弁護士。法学博士をブルックリン法律大学院で取得。ブルックリン法律大学院で人権と難民法を中心に勉強し、来日前は、香港難民アドバイス・センター(HKRAC)でExecutive Directorとして勤務した。難民法を勉強する前に、新潟とカトマンズで教育に携わり、国際連合食糧農業機構では大々的な教育キャンペーン活動の運営を経験。現在、難民支援協会の渉外部長として勤務している。アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)リーガルエイドとアドボカシー分科会議長。

概要
日時Tuesday May 20, 2014 19:00-21:00 / 2014年5月20日(火)19:00-21:00
場所

JICA Chikyuu Hiroba
(10 minutes on foot from Ichigaya Station of JR Chuou/Soubu Line)
(10 Minutes on foot from Ichigaya Station of Tokyo Metro Yuurakuchou Line/Toei Subway Shinjyuku Line—Exit No. A1 and 4)
(8 minutes on foot from Ichigaya Station of Nanboku Line Exit No. 6)

JICA地球ひろば
(JR中央線・総武線 市ヶ谷駅徒歩10分、東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線 市ヶ谷A1番・4番出口徒歩10分、
南北線 市ヶ谷6番出口徒歩8分)
*地図はこちらをご覧ください

参加費

2,000yen
*A part of fee will be used for refugee supporting activity

2,000円
*参加費の一部は難民支援活動に使わせていただきます

Registration / お申込

事前のお申込は締め切りましたが、当日のご参加もできます。
直接会場までお越しください。

contact / お問い合わせ

TEL: 070-6973-2456

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。