本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 《スタッフ登壇》陸前高田、今までとこれから〜被災地から復興地へ〜

講座・イベント

《スタッフ登壇》陸前高田、今までとこれから〜被災地から復興地へ〜

東日本大震災の復興支援と、今後起こりうる災害の防災活動を目的に、市民が結成したボランティア団体 ReVAの第2回活動報告会「陸前高田、今までとこれから〜被災地から復興地へ〜」に難民支援協会(JAR)のスタッフ 舩橋和花が登壇します。

第1部【支援〜それぞれのカタチ〜】

「災害に直面して、民生委員としてできたこととできなかったこと」
陸前高田市民生委員児童委員協議会 副会長 岡本紘一氏

「仮設住宅の今までとこれから」
NPO法人陸前たがだ八起プロジェクト事務局長 蒲生哲氏

「外部支援者として見つめる陸前高田 〜いちばん近い"よそ者"として〜」
認定NPO法人難民支援協会 舩橋和花

第2部 パネルディスカッション【陸前高田、今までとこれから 〜被災地から復興地へ〜】

コーディネーター:舩橋和花
パネラー:岡本紘一氏、蒲生哲氏

詳細はこちらからご覧ください。


概要
日時2014年2月15日(土)13:30〜(13:00開場)
場所

イコス上尾ホール

参加費

無料

定員286名
お申込み

こちらのフォームよりお申込みください。

お問い合わせ

team.ageo.saitama@gmail.com
または、ReVA事務局(080-6781-0311)まで

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。