本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > Refugee Talk -緊急支援の現場から

講座・イベント

Refugee Talk -緊急支援の現場から

★1月の会は、定員に達したため、申し込みを締め切りました。次回は2月20日(木)を予定しております。参加をご希望の方は、件名に「Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ−参加希望」、本文に「お名前」を書いて、info@refugee.or.jpまでメールください。詳細が決まり次第、ご案内いたします。

Refugee Talk −難民を学ぶ夕べ−では、毎月テーマを変えながら、
日本に逃れてきた難民が直面している問題や難民支援協会(JAR)の支援活動を様々な角度からご紹介し、
参加者の方々と「今できること」を考えます。

1月は支援現場である事務所にて、生活支援担当スタッフより、緊急支援活動をご紹介します。

JARには毎日のように「今日、日本に到着した。空港から事務所に行きたい」という電話や、
「来日してから、泊まる場所がないので公園で寝泊まりしていた」、
「所持金が底をつき、食事をとっていない。事務所まで2時間歩いてきた」など、
来日直後の緊急支援を必要とする相談が多く寄せられます。

また、来日してしばらく経った方でも、状況の変化により
緊急支援が必要なまでに困窮することも多くあります。

今回は、生活支援担当スタッフの櫻井より、
日本に逃れてきた難民の方々が、どのような状況の中、日々生活をしているのか、
また、それに対してJARが行っている生活支援をご紹介します。
今年の冬の状況も合わせてご報告します。

今月は事務所で開催します。
普段、難民の方々が相談を待つ待合スペースや
相談室など、支援の現場もぜひ、ご覧ください。

今月のスピーカー 櫻井美香

soudan1.jpg

北海道出身。難民支援協会支援事業部にて生活支援を担当。
難民支援協会には2005年の難民アシスタント養成講座の受講をきっかけに
関わりを持ち、同年秋より法的支援担当インターンとして活動。2007年より現職。
社会福祉士。1児の母。


これまでの内容

12/20  Year End Charity Party Without Borders〜Refugee Talk 年末特別版〜
11/20  難民と仕事を考える
10/20  『異国に生きる』特別上映会
9/20 コミュニティ支援の現場から-難民コミュニティのニーズに応えるために
8/20 事務局長石川えりが語る政策提言の現場 〜よりよい難民受け入れを目指して
7/18 生活支援の現場から-サバイバルから自立まで
6/28 「世界難民の日」記念特別版−難民の方ゲスト登壇
5/16 日本社会で働く難民
4/25 事務局長・石川えりが語る難民支援のこれまでとこれから
3/27 難民認定を受けるまで〜難民の方とプロボノ弁護士が登壇
2/21 緊急支援の現場から
1/17 日本の難民コミュニティへの教育支援
11/15 生活支援の現場から−難民が直面する「ホームレス」と「貧困」
10/18 法的支援の現場から−申請中の2人の事例を通じて
9/18 生活支援の現場から政策提言へ−ある難民母子の事例から

参加者の声

  • 実体験を聞くことができ、具体的なイメージを浮かべながら参加することができました。
  • 懇親会では、スタッフの方々や参加者の方々とお話できて、刺激になりました。
  • 今まで知らなかった難民の方の現状を知ることができ、とても感謝しています。
  • 今まで漠然としか難民について分かりませんでしたが、今は周りの人に教えたいという気持ちさえ出てきて、いい時間を過ごせたと思います。


概要
日時1月20日(月) 19:00〜21:00
場所

JAR事務所
(JR、地下鉄南北線・丸の内線「四ツ谷」駅徒歩2分)
*地図はこちらをご覧ください。
http://www.refugee.or.jp/about/map.shtml

参加費

2,000円
*参加費の一部は、難民支援活動に使わせていただきます

お申込み

こちらのフォームに入力いただき、送信ください。

お電話でもお申込みいただけます。
03-5379-6001(野津)

 印刷