本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 国際シンポジウム「アジア太平洋地域における難民保護の枠組みの構築に向けて」

講座・イベント

国際シンポジウム「アジア太平洋地域における難民保護の枠組みの構築に向けて」

*For the English page, please click here

アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN) と難民支援協会(JAR)は、アジア太平洋地域における保護の枠組みを構築する目的で、同地域において難民や強制移動の被害者に対する保護活動の一線で活躍している方々をゲストにお迎えし、国際シンポジウムを開催します。皆さまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。


国際シンポジウム「アジア太平洋地域における難民保護の枠組みの構築に向けて」

プログラム

2013年9月9日(月) 15:00-19:00 (開場14:30〜)

15:00-16:20:第一部

難民保護における多様なステークホルダーの協働

<パネリスト>
市川正司氏(日本弁護士連合会 弁護士)             
大森邦子氏(特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ) 代表理事)
Nicholas Oakeshott氏(UNHCR地域事務所 保護官(無国籍担当))
Gopal Krishna Siwakoti博士 (INHURED International代表、Asia Pacific Refugee Rights Network (APRRN) 議長)

16:40-17:40:第二部

私たちぬきで難民問題を語らないで」難民たちからの声

<スピーカー>
ビルマ出身の難民の方をはじめ、アジア太平洋地域で難民保護活動に従事している難民の方々3名にお話しいただく予定です。難民の方たちの状況に鑑みて、お名前の掲載は控えさせていただきます。

モデレーター:Brian Barbour(認定NPO法人難民支援協会 渉外部部長)

17:40-19:00:第三部

アジア太平洋における強制移動とプロテクション

<パネリスト>
■東南アジア:Veerawit Tianchainan氏(Thai Committee for Refugees 創始者・事務局長、APRRN東南アジア分科会議長)
■南アジア:Priyanca Mathur Velath博士(St. Joseph's College 准教授)
■オーストラリア・太平洋地域:Kafeba Alvis Pergoleze Mundele氏(New Zealand National Refugee Network 議長、APRRNオーストラリア・太平洋地域分科会議長)
■東アジア:石井宏明(認定NPO法人難民支援協会 常任理事)
■モデレーター:Tamara Domicelj氏(Act for Peace、地域的難民保護アドバイザー、APRRN副議長)


共催:Asia Pacific Refugee Rights Network (APRRN)、公益財団法人 笹川平和財団、認定NPO法人難民支援協会
後援:UNHCR駐日事務所、東京大学難民移民ドキュメンテーションセンター (CDR)、特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ)

*APRRNについてはこちら(英語のみ)

International Symposium "Towards the Development of a Regional Protection Framework"

Date:Monday September 9, 2013 15:00-19:00 (Doors open at 14:30-)

15:00-16:20 First Session

Collaboration of Diverse Stakeholders in Refugee Protection

Panelists:
Mr. Masashi Ichikawa (Lawyer, Japan Federation of Bar Association(JFBA))     
Ms. Kuniko Oomori (Chair, Forum for Refugees Japan (FRJ))
Mr. Nicholas Oakeshott (UNHCR)
Dr. Gopal Krishna Siwakoti (Chair, Asia Pacific Refugee Rights Network (APRRN))

16:40-17:40 Second Session

Nothing Us Without Us:The Refugee Experience

Three speakers with refugee background who are actively working to protect rights of refugees in the Asia Pacific will share their experiences. Please note that their names are not included here to protect their identity.

Moderator: Brian Barbour(Japan Association for Refugees (JAR))

17:40-19:00 Third Session

Forced Displacement in the Asia Pacific and Coping Mechanisms

Panelists:
South East Asia:Mr. Veerawit Tianchainan (Founder and Executive Director, Thai Committee for Refugees;Chair, APRRN South East Asia Working Group)
South Asia:Dr. Priyanca Mathur Velath (Assistant Professor, St. Joseph's College, India)
Australia and the Pacific:Mr. Kafeba Alvis Pergoleze Mundele(Chairman, New Zealand National Refugee Network;Chair, APRRN Australia and the Pacific Working Group Chair)
East Asia:Mr. Hiroaki Ishii (Executive Director, Japan Association for Refugees (JAR))
Moderator :Ms.Tamara Domicelj (Regional Refugee Protection Advisor, Act for Peace; Deputy Chair, APRRN)

Venue: The Conference Room, Nippon Foundation Bld. 2F
Toranomon Sta. (Ginza Line), Tameikesannou Sta.(Ginza/Namboku Line),
and Kokkai Gijidomae Sta. (Marunouchi/Chiyoda Line)

Admission:Free

Interpretation:Simultaneous Interpretation will be provided (Japanese/English)
Registration: To attend, please register from here

Contact:Tel 03-5379-6001/ symposium2013@refugee.or.jp (Barbour& Ogawa, External Relations Unit, JAR)

Organized by:Asia Pacific Refugee Rights Network (APRRN), SASAKAWA PEACE FOUNDATION and Japan Association for Refugees (JAR)
Supported by Forum for Refugee Japan (FRJ), UNHCR Japan, The Center for Documentation of Refugees and Migrants The University of Tokyo (CDR)
This symposium is funded and supported by the SASAKAWA PEACE FOUNDATION

概要
日時2013年9月9日(月) 15:00-19:00
場所

日本財団ビル 2階 大会議室
銀座線 虎ノ門駅 3番出口より徒歩5分
銀座線・南北線 溜池山王駅 9番出口より徒歩5分
丸ノ内線・千代田線 国会議事堂前駅 3番出口より徒歩6分

参加費

無料

通訳

同時通訳(日・英)あり

お申込み

必要。こちらのフォームよりお申込みください

 印刷