本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 『日本と出会った難民たち』×『海を渡った故郷の味』出版記念トークショー

講座・イベント

『日本と出会った難民たち』×『海を渡った故郷の味』出版記念トークショー

web.jpg

*イベント概要はこちら

2013年7月2日(火)に代官山蔦屋書店にて、「日本と出会った難民たち」×「海を渡った故郷の味」出版記念トークイベントを開催しました。定員を上回る50名以上の方々にご参加いただき、大盛況に終わりました。

トークショー中盤では、クルド民族の難民の方にも登壇いただき、母国で受けた迫害の経験、来日後の生活、そして今についてお話いただきました。参加者の皆さまからは最後まで多くのご質問ををいただき、充実した時間にすることができました。

DSC_0155_edit.jpg

参加者の中にはモデルの道端ジェシカさんの姿もあり、イベント後、早速ツイッターにて日本の難民受け入れの現状を発信してくださいました。

*当日の様子は英治出版のブログからもご覧いただけます。

イベント概要

――頭と舌で感じる、日本の難民問題――
『日本と出会った難民たち』×『海を渡った故郷の味』出版記念トークショー@代官山蔦屋書店

日本の難民問題に迫った『日本と出会った難民たち』(英治出版)と、
「泣けるレシピ本」としてメディアなどで紹介、話題を集める
『海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders』(難民支援協会)の出版を
記念したトークショーが7月2日、代官山蔦屋書店にて開催されます。

トークショーでは、元UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)職員として
トルコ、アフリカ・ブルンジ、コソボ、ネパールなどで活動され、
現在はジャーナリストとして活動中の『日本と出会った難民たち』の著者 根本かおるさんと、
JARの広報スタッフ 田中が日本の難民が置かれた現状、問題点などをお話します。

さらに、ゲストとしてクルド民族の難民の方にも登壇いただき、
当事者の目線からお話を伺います。

また、『海を渡った故郷の味』で紹介しているクルド民族の料理、
イチリキョフテ(クスクスの包み揚げ イチリキョフテ p.61)
ドルマ(ピーマンとナスの肉詰め煮込み ドルマ p.75)も
ご試食いただける予定です。

難民の故郷の味を楽しみながら、足元にある日本の難民問題を
知っていただければと思います。
皆さまのご参加をお待ちしております!

概要
日時2013年7月2日(火)19:00〜21:00
場所

蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション

参加費

1. イベント参加+『日本と出会った難民たち』=3,000円
2. イベント参加+『海を渡った故郷の味』=3,000円
3. イベント参加+『日本と出会った難民たち』『海を渡った故郷の味』=4,500円

定員先着50名
主催英治出版、 蔦屋書店1号館1階
協力

認定NPO法人 難民支援協会

お申込み

お電話(03-3770-2525)にてご予約ください

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。