本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 活動説明会 事務局長・石川えりが語る難民支援のこれまでとこれから

講座・イベント

活動説明会 事務局長・石川えりが語る難民支援のこれまでとこれから


「難民」についてニュースで聞いたことがあるけれど、詳しく知りたい―
自分にできる「国際協力」や「社会貢献」を考えてみたい―
NGOって、どんなことをしているのか気になる―

新年度1回目の活動説明会では、事務局長・石川えりがスピーカーとして登壇します。高校時代にテレビで見たルワンダ難民の状況をきっかけに、難民支援に興味を持ち、長年にわたって携わってきた石川が、これまでの奮闘、そして、今後の展望をお話しします。

後半では、支援活動の現場である当会事務所もご案内します。

今月のスピーカー

石川 えり(事務局長)

1976年東京都生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業後、企業勤務を経て2001年より難民支援協会に職員となり、主に調査・政策提言の分野で国内外にて活動を行ってきた。難民問題にはルワンダにおける内戦等を機に関心を深め、同協会には設立前よりボランティアとして関わった。2008年1月より現職。共著として、『支援者のための難民保護講座』(現代人文社、2006年10月)、『外国人法とローヤリング』(学陽書房、2005年4月)ほか多数。二児の母。

活動説明会とは
活動説明会では、毎月テーマを変えながら、「支援の現場」を様々な角度からご紹介しています。難民の方が経営するレストランからの料理を囲みながら、スタッフや参加者同士で 交流を深める懇親会もあります。ぜひ、お気軽にご参加ください。

過去の模様

3月27日開催:難民認定を受けるまで〜難民の方とプロボノ弁護士が登壇
2月21日開催:緊急支援の現場から(スピーカー:支援事業部長 川勝健司)
1月17日開催:日本の難民コミュニティへの教育支援(スピーカー:定住支援担当 鶴木由美子)
11月15日開催:生活支援の現場から−難民が直面する「ホームレス」と「貧困」
(スピーカー:生活支援担当 古藤吾郎)
10月18日開催:法的支援の現場から−申請中の2人の事例を通じて(スピーカー:法的支援担当 田多 晋)
9月18日開催:生活支援の現場から政策提言へ−ある難民母子の事例から
(スピーカー政策アドボカシー担当 小川昂子)

参加者の声

・実体験を聞くことができ、具体的なイメージを浮かべながら参加することができました。
 懇親会では、スタッフの方々や参加者の方々とお話できて、刺激になりました。

・今まで知らなかった難民の方の現状を知ることができ、とても感謝しています。

・今まで漠然としか難民について分かりませんでしたが、今は周りの人に教えたいという気持ちさえ出てきて、いい時間を過ごせたと思います。

概要
日時2013年4月25日(木)19:00‐21:00
場所

日米会話学院 216教室
(JR中央線・総武線/東京メトロ丸ノ内線・南北線 四ツ谷駅下車徒歩3分)
詳細はこちらをご覧ください。

参加費

2,000円
(難民スペシャルサポーターの方は1,000円)
*懇親会込み

定員30名
お申込み方法

こちらのフォームよりお申し込みください

お問合せ

認定NPO法人難民支援協会(JAR)  担当:田中、松本
Tel: 03-5379-6001/ Email: info@refugee.or.jp

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。