本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 活動説明会:緊急支援の現場から

講座・イベント

活動説明会:緊急支援の現場から

event1018_1.jpg「難民」についてニュースで聞いたことがあるけれど、詳しく知りたい―
自分にできる「国際協力」や「社会貢献」を考えてみたい―
NGOって、どんなことをしているのか気になる―

活動説明会では、毎月テーマを変えながら、「支援の現場」を様々な角度からご紹介します。難民が経営するレストランからの料理を囲みながら、スタッフやインターン、参加者同士で交流を深める懇親会もあります。ぜひ、お気軽にご参加ください。

2月の会では、緊急支援の現場をご報告します。
難民申請者が急増する中、ホームレス生活を余儀なくされている難民の方々います。当会事務所にも、来日したばかりで、家も食べる物も頼れる人もいない、という難民の方が支援を求めて訪れています。
困難な状況の中、難民の方々はどんな思いでいるのか、そしてその現状に対し、スタッフがどのように支援をしているか、現場で難民への生活支援にあたっている川勝よりお話しします。

過去の模様

1月17日開催:日本の難民コミュニティへの教育支援(スピーカー:定住支援担当 鶴木由美子)
11月15日開催:生活支援の現場から−難民が直面する「ホームレス」と「貧困」
(スピーカー:生活支援担当 古藤吾郎)
10月18日開催:法的支援の現場から−申請中の2人の事例を通じて(スピーカー:法的支援担当 田多 晋)
9月18日開催:生活支援の現場から政策提言へ−ある難民母子の事例から
(スピーカー政策アドボカシー担当 小川昂子)

2月のスピーカー

kawakatsu.jpg<川勝 健司(支援事業部長)プロフィール>

難民支援協会支援事業部にて生活支援を担当。
英国ヨーク大学大学院政治学研究科修士課程修了(戦後復興学)。IOMプリシュティナ事務所(コソボ)とUNHCR東京事務所でのインターンシップ、国際協力NGOでの海外駐在勤務(ヨルダン・パキスタン・スーダン)を経て、2009年2月より現職。社会福祉士

プログラム

19:00-19:10  日本の難民・JARの活動について
19:10-19:50  緊急支援の現場から
20:00-      懇親会

参加者の声

・実体験を聞くことができ、具体的なイメージを浮かべながら参加することができました。
 懇親会では、スタッフの方々や参加者の方々とお話できて、刺激になりました。

・今まで知らなかった難民の方の現状を知ることができ、とても感謝しています。
 カチン料理もおいしかったです。

・今まで漠然としか難民について分かりませんでしたが、今は周りの人に教えたいという気持ちさえ出てきて、いい時間を過ごせたと思います。

概要
日時2月21日(木) 19:00-
場所

難民支援協会事務所
(JR、地下鉄南北線・丸の内線「四ツ谷」駅徒歩2分)
地図はこちらをご覧ください

参加費

2,000円 
難民スペシャルサポーターの方 1,000円)
*懇親会込み

定員30名

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。