本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 第1回 新宿区から始まる『新しい公共』と、資産の社会活用 − 税優遇と市民ファンドを使った、これからの社会貢献 −

講座・イベント

第1回 新宿区から始まる『新しい公共』と、資産の社会活用 − 税優遇と市民ファンドを使った、これからの社会貢献 −

区民、企業、NPOが新宿区の中で、安心して生活できるこれからの社会をともに創っていくことをテーマに、区民や 企業が市民ファンドを活用しながら、寄付や資産をどう社会で有効活用できるのかを考えるフォーラムを開催します。

テーマは、以下の3部構成です:
「新宿区の今後を、市民ファンド、NPO、企業、区民がどう担うか」
「さまざまな分野で活躍する、市民ファンドの今とこれから」
「税優遇制度を活用した、社会的な資産活用とは」
それぞれ第一線でご活躍の皆さまからお話を伺います。

昔ながらの街並みと、高層ビル、多文化共生、高齢化問題などが共存する、
今後の日本社会の縮図である新宿区から、 助け合いのできる未来の社会像を
ご一緒に考えたいと思います。

スケジュール

  • 1部:対談 「新宿区の今後を、市民ファンド、NPO、企業、区民がどう担うか」
      渋澤健さん (コモンズ投信会長、日本国際交流センター理事長)
      山岡義典さん (市民ファンド推進連絡会世話人、日本NPOセンター顧問)
      進行役:永峰好美さん (読売新聞編集委員)
  • 2部:対談「さまざまな分野で活躍する、市民ファンドの今とこれから」
      菅波完 (高木仁三郎市民科学基金)
      吉山昌 (難民起業サポートファンド)
      坂本憲治 (市民社会創造ファンド、東日本大震災現地NPO応援基金)
      奥田裕之 (ソーシャル・ジャスティス基金、草の根市民基金・ぐらん)
  • 3部:講演・対談「税優遇制度を活用した、社会的な資産活用とは」
      早坂 毅さん(税理士)
      聞き手:永峰好美さん (読売新聞編集委員)
概要
日時平成24年10月22日(月) 午後 1:30 - 5:00
場所

戸塚地域センター 多目的ホール
住所:新宿区高田馬場2丁目18番1号
JR山手線・地下鉄東西線・西武新宿線 「高田馬場駅」下車/早稲田口出口徒歩3分

参加費

無料

定員100名(先着順)
参加の条件

ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
ぜひご来場ください。
当日は資産の社会活用についてのご相談も承っています(事前申し込みが必要です)。

主催認定NPO法人 まちぽっと (ソーシャル・ジャスティス基金/草の根市民基金・ぐらん)
認定NPO法人 高木仁三郎市民科学基金
公益社団法人 難民起業サポートファンド
協力

市民ファンド推進連絡会/NPO法人市民社会創造ファンド

後援

新宿区/新宿区社会福祉協議会
一般社団法人新宿NPOネットワーク協議会

お申し込み方法

平成24年10月19日(金)までに電話・ファックス・ メールのいずれかで
「認定NPO法人 まちぽっと」までお申し込みください。

認定NPO法人 まちぽっと

電話:03-5941-7948(月~金曜日(祝日を除く)10時~午後5時)
Fax:03-3200-9250
Eメール: info@machi-pot.org

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。