本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > [ワークショップ]改定版スフィア・スタンダードと東日本大震災 〜保健の対応を中心に〜

講座・イベント

[ワークショップ]改定版スフィア・スタンダードと東日本大震災 〜保健の対応を中心に〜

スフィア・プロジェクトとは、緊急人道支援の現場で活動するNGOが最低限守らなければならない指標であり、人道憲章をその拠り所としています。スフィア・プロジェクトは3度目の大幅な改定を経て、2011年4月14日に英語版が発表されました。新規版においては今回初めて新たにプロテクションに関する記述が追加されました。

2011年3月に発生した東日本大震災においては、国内で未曾有の災害であり、被災者支援のために多くの団体が取り組みを行っています。その中で、とりわけ震災支援においても重要であるスフィア・プロジェクトを紹介し、また東日本大震災における、実例を通じて人道支援に係わる基準を広く関係者と共有する機会としたいと思います。

プログラム

●講演
改定版 スフィア・スタンダードとヘルス
中村安秀(大阪大学大学院人間科学研究科国際協力学教授)

●事例報告
東日本大震災対応の現場から〜難民支援協会の女性支援活動
五十嵐ゆかり(聖路加看護大学)


概要
日時2012年2月11日14:00?17:00
場所

JICA研究所
(JR市ヶ谷駅・徒歩10分)

参加費

無料

主催外務省
事務局

認定NPO法人 難民支援協会

お申込み

件名に「[シンポジウム]東日本大震災と人道支援の国際基準」とご記入の上、
protection12@refugee.or.jpへお名前(ふりがな)、ご所属、メールアドレスを送付ください。

お問い合わせ

難民支援協会 
protection12@refugee.or.jp
FAX:03-5379-6002
 (担当:吉山、バーバー、阿部)

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。