本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 東方落語チャリティー寄席 - 日本にいる難民のために

講座・イベント

東方落語チャリティー寄席 - 日本にいる難民のために

*報告はこちら

今年で11回目を迎える難民チャリティー寄席。この企画は、難民支援をしている参議院議員今野東先生中心に、東北弁による話芸の確立を目指してスタートしました。民話や落語を題材に毎年公演を重ねています。

収益の一部は、日本のいる難民のために使われます。
当日は、オヤの販売も予定しています。皆さまのご来場、お待ちしています。

概要
日時2011年11月16日(水)・17日(木) 19:00開演(18:30開場)
場所

紀尾井町ホール

参加費

3000円(全席自由)

主催難民・被災者支援チャリティ寄席実行委員会
お問い合わせ
チケットお申込み

・今野東事務所(仙台)Tel :022-716-6777  (東京)03-6550-0811
・(有)コノミックス東方落語プロジェクト Tel : 022-266-5339
・JAR事務所でも販売しております!

報告

11月16日、17日に、難民支援をしている参議院議員今野東先生中心に行っている東方落語チャリティー寄席に参加しました。今回の寄席は、難民と東日本大震災の被災者の支援を目的に行われ、寄席の中でも日本に住む難民の抱える問題について紹介されました。


難民支援協会では、ボランティアの方と共に、クルド難民の女性がつくったオヤのアクセサリーやミャンマー(ビルマ)のカチン織物を販売しました。オヤのアクセサリーは、デザインも多様になり、毎年参加している方からも「どんどんいい作品ができているね」と声をかけていただきました。また、終演後には募金も行い、募金額は71,179円にのぼりました。あたたかいご支援ありがとうございました。

今回好評のオヤのアクセサリーは、オヤカフェにて販売いたします。

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。