本文へジャンプ

トップページ > 講座・イベント > 【初開催】難民理解のための体験型セミナー

講座・イベント

【初開催】難民理解のための体験型セミナー

*報告はこちらからご覧下さい*

自分の国から逃れざるを得ず、遠く離れた日本まで逃れてきた「難民」。
最近では、そんな難民への関心や支援の輪も広がるようになってきました。

しかし、「難民」と言っても、実際にはその状況や気持ちがイメージしづらい、
という声もいただきます。

そこで、体験型のセミナーをはじめて開催することになりました。

いきなり母国を離れると言われたら何を持って行きますか?
言葉も知らない国に着いたらまず何をしますか?
行き先や持ち物など事前に十分に準備しにくい状況、
たどり着いた先の国で右も左も分からない不安さなどを、
ゲーム形式などで学びます。

最後には、難民への理解が深まった上で、自分たちに何ができるかも考えます。

難民申請手続きや現状を知るだけでなく、難民の人が感じる気持ちを理解することで、本当に必要な支援を提供することができると考えています。
頭でというよりは、「気持ち」で理解することのできるこの機会に、ぜひご参加ください!

概要
日時2010年11月28日(日) 13:00?16:00
場所

パナソニックセンター東京
(りんかい線「国際展示場駅」徒歩2分
ゆりかもめ「有明駅」徒歩3分)

参加費

2,500円
難民スペシャルサポーターは無料)

定員30名
締切

11月26日(金)

主催認定NPO法人 難民支援協会
特別協賛

パナソニック株式会社

内容(予定)

・難民の逃げる状況を体験してみよう
・日本にたどり着いてからの生活や気持ちを体験してみよう
・私にできることを考えよう
(進行役:難民支援協会 広報部スタッフ)

*カードやゲームなどを用いて、参加者が動いたり、自分で考えながら進行します。
*難民に関する日本の法制度や状況についても少し解説しますが、
知識を得ることを目的としたセミナーではありません。ご了承ください。

お申し込み

こちらのフォームより、お申し込み下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b7b470f5126594

お問い合わせ先

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階
TEL: 03-5379-6001 FAX: 03-5379-6002
E-mail: info@refugee.or.jp
担当: 鹿島、田中

ご報告

「留学先での難民との出会いがきっかけ」、「難民の気持ちを少しでも理解してみたい」、「体験型で難民を知るってなんだろう」・・・。

初開催の「難民について理解する体験型セミナー」は、多くの参加者がそれぞれの関心を持って集まってくださいました。

限られた時間の中で、母国から逃げなくてはいけないとき、自分ならどうするか。ゲームを通じて、体験しました。頭で考えるのと、実際やってみるとでは全然違うと、多くの参加者から驚きの声が上がりました。ゲームと分かっていても、「頭がフリーズしてしまった」、「真っ白になってしまった」という参加者も。普段は想像することがほとんどない難民の境遇を、少しだけ、感じていただけたセミナーとなりました。

これを機に、「もっと難民のことを知りたい」、「実際の難民の方に会って話を聞きたい」という、ありがたい感想もいただきました。また、「もっとグループで話す時間を作った方がいい」、「教育現場で参加者を募ってみては」など、今後に向けたご提案もいただくことができました。ありがとうございました。

また、後日、個人のブログに、セミナーに参加してみての感想や、日本にいる難民のことを書いてくださったり、難民支援協会ホームページのリンクを貼ってくださった参加者の方もいらっしゃいました。難民の気持ちを少しだけ体験してみて、そこから「難民を支援するのに自分にできることは何か」を考え、早速行動。ありがたいご支援です。

「難民について理解する体験型セミナー」を入り口に、さらに日本にいる難民のことを知っていただき、支援の輪が広がればと思います。

次回は、年明けを予定しています。詳細が分かり次第、ウェブにてお知らせいたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

この記事をシェアする

メールマガジン「JAR便り」

購読する

難民支援の最前線をお届けします。