寄付者対応スタッフ(広報部)

認定NPO法人 難民支援協会(JAR)は日本に逃れてきた難民を支援しているNGOです。
年間数百人の難民の方々に対応していますが、この活動は、助成団体、協働団体、ボランティアの方々など多くの方々のご支援で成り立っています。そして運営資金においては、寄付金が全体の約60%を占めています。

年間約2万件以上の寄付データの作成や管理、3,000名を超える寄付者の方々への対応を担っていただくスタッフを募集します。

業務内容

(1)寄付データの入力・管理

寄付は郵便振込、クレジットカードなどを経由して入金されます。

当会ではSalesforceというデータベースを使用し、どの寄付者からどのような寄付をいただいたか、全て正確に記録しています。

郵便振込の場合、ゆうちょ銀行から日々送られてくる画像データを元に、データベースにデータを入力します。自動でデータが作成されるものについては、正しく作成されているか、当会内部のルールに則ったフォームで入力されているかなど、都度チェックを行います。

(2)寄付者へのお礼

寄付者には、メールや郵送でお礼を送ります。メールの場合は、自動で送信されるように設定していますが、(1)のデータ作成時に誤った入力をしてしまうと誤ったメールが送られてしまうため、細心の注意が必要です。
郵送の場合、Excelで発送リストを作成し、Wordのテンプレートに差し込み印刷でお礼状を作成、資料やチラシなどと一緒に送付します。

(3)さまざまな発送業務

お礼状以外にも、資料請求、領収書、口座振替の申込書、振込用紙など、寄付者からのリクエストに応じて、さまざまな資料の発送を行います。

(4)寄付者情報変更への対応

WEBサイトの寄付者専用ページを経由して、寄付者の方から住所変更や郵送物不要のお申し出、サポーター支援の停止や変更など、さまざまな連絡が入ります。データベースに登録されている内容を変更し、支援者の方へ変更通知やお礼などをメールで連絡します。

その他、PCによるデータの整理や出力、チェック等が主な業務となります。
また、事務所内で部門を超えて発生する業務(例:事務所整理)も一部あります。

※ こんな方におすすめです

応募条件

条件 

勤務地

募集人数

1名(適任者が見つかり次第締め切ります)

応募方法

こちらのオンラインフォームからご応募ください。

志望動機の提出(形式・分量は問いません)をお願いします。(上記フォームに添付してのご提出となります。)
応募書類は、日本語で作成・提出ください。
職歴・学歴については、上記フォーム内の記入欄を利用しても、履歴書や職務経歴書をフォームに添付してでも構いません。
※ 面接は書類審査の結果、随時行ないます。面接は複数回実施します。
※ 応募書類はご返却できません。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ先

認定NPO法人 難民支援協会 採用担当
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル4階
recruit2021@refugee.or.jp