本文へジャンプ

トップページ > 団体情報 > 採用情報 > 難民研究フォーラム事務局職員

採用情報

難民研究フォーラム事務局職員

rsj8_800.jpg認定NPO法人難民支援協会(JAR)では、この度、難民支援協会が事務局を務める難民研究フォーラムの事務局スタッフを募集します。
「難民研究フォーラム」は、多角的な視点から国内外の難民の現状や難民政策に関する学際的な研究を行い、その成果を幅広く共有及び活用することによって難民に寄与することを目的として、刻々と変化する難民を取り巻く環境に対応する日本での難民専門の研究機関として2010年設立されました。
法学、政治学、社会学、文化人類学、教育学、社会福祉学、医学などで、難民に関わる多様な学問分野の研究者が集うことを目指しています。
また、難民だけでなく、無国籍、強制移住、移民などの研究者、メディア関係者、そして実務家などが議論、発信する場として難民研究フォーラムが位置づけられています。
上記のような難民研究機関の事務局として、熱意をもって取り組んでいただける方を募集します。

*「難民研究フォーラム」は、日本での難民専門の研究機関として2010年に設立されました。難民支援協会が事務局を運営しています。

求める人物像・応募資格

  • 難民研究および難民支援への関心と理解を持ち、難民研究への理解ある研究者および人々とつながり、フォーラムから発信していくことで社会を変革することへの共感と理解を持てる方
  • コーディネーション業務ができる方
  • 人と協力してチームで働く柔軟性と積極性がある方
  • 多岐にわたる業務を、自律的に推進していける方
  • 難民研究に関心のある方
  • 修士論文を書かれている方(もしくはそれに相当する論文などの発表がある方)
  • 日本語および英語(ビジネスレベル)で支障なく業務を行うことができる方
  • 最低限のPCスキル(Word、Excel、パワーポイントなど)

※難民研究分野(専門領域は問わず)に関わった知識・経験がある方を優先します

主な業務内容

難民研究フォーラムの活動の実施(事務局業務)   
①年刊誌:『難民研究ジャーナル』企画、編集、発行、書籍販売・在庫管理
②研究会の定期開催、フォーラム登録メンバー管理、公開シンポジウム企画、運営
③若手難民研究者奨励賞(事務局)の実施
④国内外難民研究等に関する調査およびwebsite運営
⑤リサーチアシスタント/インターン管理
⑥各種企画・運営会議等内部会議の運営
⑦その他難民研究フォーラム業務に必要な事務処理業務

条件

・勤務期間:開始時期はご相談。(原則契約更新※)
 当会では職員の雇用契約は、原則として年度ごとに結んでいますが、
 複数年継続して活躍していただけることを期待しています。
・試用期間の設定あり。
・勤務日:週5日(月から金)10:00~18:00                       
・待遇:難民支援協会職務規定による社会保険完備、通勤手当あり

勤務地

当協会事務所(東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル4階) 水道橋駅、神保町駅より徒歩7分

募集人数

1名(適任者が見つかり次第締め切ります)

応募方法

こちらのオンラインフォームからご応募ください。

  • 志望動機(形式・分量は問いません)と、修士論文、もしくはそれに代わる論文の提出をお願いします。
    (上記フォームに添付してのご提出となります。)
  • 応募書類は、日本語で作成・提出ください。
  • 職歴・学歴については、上記フォーム内の記入欄を利用しても、履歴書や職務経歴書をフォームに添付してでも構いません。

※ 面接は書類審査の結果、随時行ないます。
※ 応募書類はご返却できません。あらかじめご了承下さい。

その他

お問い合わせは、E-mail(recruit2019@refugee.or.jp)もしくは電話(03-5379-6001)で受け付けています。ただし、電話はかかりにくいことが予想されますので、なるべくE-mailをご利用ください。

問い合わせ先

認定NPO法人 難民支援協会 採用担当
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-2 TASビル4階
recruit2019@refugee.or.jp
Tel: 03-5379-6001 Fax: 03-5215-6007
※ 電話はかかりにくいことが予想されますので、なるべくE-mailをご利用ください。

そのほかの募集業務については、こちらをご覧ください ➡︎ 採用情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
 印刷